UA-119493607-1 A 物質の構成・結合 | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

実験リストA

文字列はそれぞれの解説などのページへ、画像はyoutube動画に直接リンクします。 → 全体のリストA~Iへ戻る

『A 物質の構成・結合』

「A-1 物質の成分」

  1. ヨウ素の昇華:昇華でしょうか?液体を経ずに気化、また析出してくる:物質の三態 分子結晶 
  2. 炎色反応:成分分析、いい気分!炎色反応を綿棒と粘土を使って;電子配置 波長 可視光 
  3. バイルシュタイン反応:銅線をどうすんの!プラスチックに含まれる塩素を簡便に判別;ハロゲン ラジカル 
  4. 赤ワイン蒸留:赤い成分は残り、透明なエタノールや水が留出してくる;沸点 蒸留 ICT 
  5. アルカリ金属と水の反応:色々アルカリ!アルカリ金属が水と激しく反応;価電子 イオン化エネルギー 
  6. 放射線の飛跡の観察:奇跡の飛跡!飛跡がみごとに見える;原子の構造 

「A-2 イオン」

  1. 電気でホットケーキ:ほっといて、ホットケーキ!熱分解で生地が膨らみ、スイッチが切れる;電解質 

「A-3 分子の極性」

  1. 水の極性を調べる:大変な帯電!ストローや野菜で水の極性を確認する;電気陰性度 水分子 
  2. 液体の三層カラーボトルを作る:互いに溶け合わない3つの成分の層ができる:極性 
  3. ドライアイスにトライ(ドライアイス小ネタ集)

「A-4 金属」

  1. 銅の酸化被膜:カラフルメタルしおり作り!葉脈と銅箔を用いて:金属光沢 光の干渉 
  2. 金箔を貼る:金箔の一瞬!玉子に金箔をはってみた:金属結合 金属光沢 延性 展性 
  3. 金属の導電性:金銀紙の導電性を調べる!金紙の表面のコーティングを剥がすと…;金属結合 自由電子 
  4. 金属表面を磨く:空き缶底を磨いて光を集め、マッチに火をつける!:金属結合 金属光沢 

「A-5 物質量と化学反応式

  1. アラザン粒で1 molの大きさを実感:アラザン粒を銀原子などに見立てて…アボガドロ定数 
  2. 単分子膜で分子の大きさを計算する:墨流しの手法で油膜を方眼紙に写し取る…;物質量 
  3. 水素爆発:タイムドカン!燃焼範囲に達するまでにタイムラグが生じる:分圧 PET 
  4. 水素の燃焼:水素分圧が高く燃焼範囲にない場合は、爆発は起こらない;燃焼 
  5. 水素と酸素の反応:光るビニールチューブ!単体から化合物の生成:水素 酸素 
  6. 三ヨウ化窒素の分解:ハエもビックリ、敏感物質!ちょっとした刺激で爆発、分解する;単体と化合物 
  7. エタノールの爆発:空き缶なめたらアカン!少量のエタノールでも一定の割合の空気と混合していると激しい反応が起こる:化学反応と物質量 燃焼 爆発 
  8. 炭酸水素ナトリウムの熱分解:定番実験実践記録!加熱分解によって生成した気体を捕集~気体成分の推定操作:石灰水 塩化コバルト 
  9. まるでドラゴン?伸びる黒いモコモコ物体:砂糖と重曹の混合物が燃えながら黒い物体になって成長する;炭酸水素ナトリウム 熱分解 炭化 
  10. 炭酸アンモニウムの熱分解:発生してきたアンモニアと二酸化炭素を別々にトラップ:BTB 
  11. 塩素酸カリウムの熱分解:輝く木片!発生する酸素と木片が激しく反応:燃焼 酸化 
  12. 卵の殻を溶かす:たまげた卵!酢で殻を溶かしたスキンエッグ(裸卵)を作る:酸 電離度 
  13. マグネシウムの燃焼:まぐれで燃えるのか!沸騰水中や二酸化炭素中ならよく燃える:酸化 反応速度 

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。