UA-119493607-1 マッチを使って | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

マッチなどというツールは、すでに古典の世界に分類されてもおかしくないほど教材としては「過去の遺物?」の印象があります。が、しかしちょいと工夫してみたところ…。これは、その昔、西部劇でカウボーイが靴底でマッチをかっこよく擦って火をつけるというシーンに憧れた化学系学生がよくやっていたイタズラ。学校で行うにはちょっと注意が必要の教材ではありますが…。

「動 画」実験台(耐火性)や床などの硬い面でマッチを擦ってみた

「動 画」金属板の面でも火がつく


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。