UA-119493607-1 風船を使った状態変化説明モデル | らくらく理科教室
  • 都留文科大学の理科教育

フラスコ内の水が温められて体積が膨張~冷却されると収縮する様子を風船を使って説明する実験モデル。シンプルな仕組みですが、風船が膨らんだり、中に引き込まれたり、気体の占める体積が連続的に変化する様子がよくわかります。

*****

理科教育法「1年化学」物質の状態変化p115-


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です