UA-119493607-1 ペットボトルで凸レンズ | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

得や文字が逆さまに見える…光が入射する際に、水との境界面で屈折し、さらに水から空気中に出るときにも屈折することで起こる現象です。ペットボトルは凸レンズの役割を果たしています。向かってきた光は、レンズの焦点で交差して、観察者の眼に届くのです。

ペットボトルを前後に動かすことで、そのことがより理解しやすくなります。


〇理科教育法「1年物理」レンズのはたらきp152


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。