• 教材や実験の開発情報

中学理科の定番実験:教科書には必ず実施する実験として位置づけられています。しかし、誘導管を用いた装置、加熱と逆流防止、石灰水への誘導、捕集気体の推定操作等は、当該学年(中学二年)では決して容易ではありません。場合によってはヒヤッとすることも。

「動 画」操作説明編

「動 画」模擬授業のための実践記録:190702

演示実験で済ませる場合もあると聞きますが、化学実験の基本操作が数多く含まれているテーマなので、ぜひグループ実験で実践させて欲しいです。

「補充動画」熱分解するんかい

実験映像としては、ゴム管の先にガラス管があることが望ましいのと、水酸化ナトリウムで二酸化炭素の吸収は難度が高いところが…。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。