UA-119493607-1 リニアモーターカーの原理 | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

磁石・電池・アルミホイル・工作用紙などを用いて、電磁力で物体を動かす装置を作りました。教科書では、リニアモーターカーの原理として紹介されているものです。

説明のプロセスとしては…永久磁石(固定された磁界中)の上のアルミ筒に電流が流れる → 磁界と電流の向きは直交している → さらに磁界・電流に直交する力(電磁力)が発生 → アルミ筒に力が作用して動く → 電流の向きを逆に → アルミ筒は逆方向に動く

割りばしをアルミホイルで包むのですが、その上をころがるアルミの筒はストローを使って作ります。もっと動きを大きくして見せたいのですが、距離を長くしてもレールを外れてしまうので、なかなか工夫が難しいです。

実際のリニアモーターカーは、もっと複雑な工夫があるのですが、電流の向きを素早く切り替えて推進力を作り出している点は共通しています。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。