UA-119493607-1 模擬授業:電池ができる金属と水溶液の組み合わせ | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

「模擬授業_実践記録」電池ができる金属と水溶液の組み合わせ:2019.11.26 Y君

〇難度の高い題材:声が大きく指示が明確、進行・授業運営はうまい。

〇前に集めての実験の指示:プリントを見ながらでないと説明が理解できないのでは?

〇使うビーカーの在庫チェック:200 mLビーカーに水溶液100 mLの想定の実験。300や500 mLビーカーでは、金属板に接触する面積が不足していたのではないか…。Mgリボンの長さ不足?塩酸の量を増やす方がよかったか?

〇操作途中で金属板をふき取るのにティッシュペーパー?一部雑巾を使っていた、雑巾の上に置くのか、プレート上なのかの指導。

〇まとめかたが上手い:予想通りの結果にならなかった班は多かったが、そのわりにえらく自信たっぷりにうまくまとめてた。


「指導案例」学生による原案を掲載:一部省略

理科教育法指導案

「第3学年 単元2 化学変化と電池」   担当者 Y

【本時の展開】

学習過程 学習活動 指導上の留意点
導 入

 

5分

1.演示実験の観察 1.演示実験で何が起こっているのかを考えさせる。(レモン、まな板、包丁、ぞうきん、銅板、マグネシウムリボン、電子メロディー、導線)
展 開

 

35分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.実験の確認:「電池ができる金属と水溶液の組み合わせ」

2.実験操作の概要、注意点の確認

⑴  液体と金属板を選択する

⑵  電子メロディにつなぎ記録を取る

⑶  液体と金属板の変更

3.生徒実験

⑴生徒グループ内での役割分担

⑵机整理・実験器具準備・試薬配布

準備完了次第開始

⑶教室内巡視

⑷実験終了

4.記録の確認

5.考察:協議・意見交換

1.演示実験をもとに今回の実験の目的を確認する。

2.

⑴砂糖水と塩酸は順番に実験を行うよう注意する。

⑵音の有無だけでなく液や金属板の様子も観察する事を指示する。

⑶実験ごとに金属板を蒸留水で洗浄する、金属板を触れ合わさないことへの注意をする。

3.

⑴観察は全員、操作と記録で役割を分担させる。

⑵配布物(砂糖水・塩酸・亜鉛版・銅板・マグネシウムリボン・電子メロディー)

⑶進行状況の把握

①  表面の様子の観察の指示

②  必要に応じ演示指導

③  進度の早いグループには結果や観察の確認を指示

4.観察結果

①各班で表にまとめる

②  観察結果を記入する

5.結果や観察からわかったことを意見交換させる。

まとめ・評価・片付け

 

10分

1.まとめ

 

2.片付け指示

 

3.着席確認

1.実験結果は早く実験が終わった班に記入させる。考察の重要な点を黒板を用いてまとめる。

2.塩酸と金属板は返却。砂糖水は廃棄、実験器具は洗浄。

着席確認

 

 


生徒実験プリント

電池ができる金属と水溶液の組み合わせを考える。

氏名(             )

・実験担当             ・記録係          

 

 

〈準備物・実験器具〉

授業プリント 蒸留水 砂糖水(10%) 薄い塩酸(10%)亜鉛版、銅板マグネシウムリボン ビーカー(200mL2個)保護メガネ 電子メロディー

 

 

〈実験操作〉

  • 各班教卓から金属板3種類各2枚ずつ、塩酸、砂糖水(両方とも100mL)を準備する。
  • 3種類の金属板のうち2枚を選んで水溶液の中に入れる。このとき砂糖水と塩酸の実験の順番はどちらからでもよいが、同時には行わないようにする。
  • 電子オルゴールとつなぐ。(教科書P29参照)
  • 実験中の液体や金属板の様子の観察、電子オルゴールの音の有無を結果の表に記入する。(鳴ったら〇、鳴らなかったら×)

※・保護メガネを必ず着用すること。

・実験ごとに金属板を蒸留水で洗浄し、金属同士は触れさせない。

 

〈実験結果・まとめ〉

砂糖水

Zn Cu Mg
Zn
Cu
Mg

 

薄い塩酸

Zn Cu Mg
Zn
Cu
Mg

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です