UA-119493607-1 光るチューブ | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

ビニールチューブ内に水素と酸素を約2:1の割合で注入し、圧電放電装置(電子ライターの点火装置の部分)で一気に反応させるという、単体から化合物が生成するという説明モデルの一つ。大きな音を伴って光と振動が体感できるので、化学反応によるエネルギーについても理解を深めることができます。

「動画」理科教育法の一コマ:長いビニールチューブを用いた演示実験

「動画」教員研修会(NECA)

単体から化合物が生成する反応で、演示やイベントのデモンストレーションなどで好まれる実験ですが、実施にはいくつかの注意点があります。チューブの太さや水素と酸素の混合気体の注入の仕方、発火装置のサイズなど、細かな設定が必要です。例えば、混合気体の注入には、少し圧をかけたところで封をすると失敗が少ないなど、いろいろコツがあります。

 

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です