UA-119493607-1 ビウレット反応 | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

(工事中)

ビウレット反応は、タンパク質を構成するペプチド結合(アミド結合)を検出反応の一種。ペプチド結合が存在すると銅イオンが反応して紫色を呈し、色の濃さからペプチド結合のおおよその濃度を知ることができます。

「画 像」繭をゆでて、絹糸を巻き上げる。

「画 像」紫色の呈色

「画 像」アルカリで煮るとアンモニアが発生する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です