UA-119493607-1 古い硬貨を磨く | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

色のくすんだ10円硬貨にケチャップをひとたらし、歯ブラシでゴシゴシ。すると数十秒できれいな赤銅色が見えてきます。古い10円硬貨を磨く方法はいろいろ公開されていますが、ケチャップが硬貨に滴下しやすく扱いやすいのでおススメです。

「実験タイトル」磨けば光る古10円

「実験概要」古い10円硬貨をケチャップで磨く

「キーワード」金属 酸化 酸

「動 画」ケチャップをつけて歯ブラシで磨いてみた

「準 備」「実験操作」「補足」「注意事項」WEB非公開

「画 像」数十秒でかなりきれいになる

「解 説」硬貨の表面がくすんで見えるのは金属が酸化して酸化物や炭酸塩をつくるからです。銅の含有量が多い10円硬貨は、保管状態が悪くて緑青の緑色が目立つ場合もありますが、くすみの多くは酸化銅です。ソースやケチャップで磨くと、表層の薄い部分が溶け出してきれいになります。す。ケチャップなどの調味料には、さまざまな有機酸が含まれていて、この酸が…

…省略…

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です