UA-119493607-1 テトラアンミン銅(Ⅱ)イオン | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

銅(Ⅱ)イオンにアンモニア水を加えるとゲル状の水酸化銅の青白沈殿が生じます。さらに、アンモニア水を過剰に加えると沈殿が溶け、濃青色透明の錯イオンを生じます。

硫酸銅水溶液などの銅(Ⅱ)イオンに塩基性のアンモニア水を加えると、

Cu2+ +  2OH → Cu(OH)2↓ 水酸化銅の青白色沈殿がゲル状になって生成します。そのまま静置すれば試験管の下の方に溜まってきます。

そこに、さらに過剰のアンモニア水を加えていくと、次第に水酸化銅の沈殿が溶けて、濃青色の透明水溶液となります。

Cu(OH)2 + 4NH3 ⇄ [Cu(NH3)4]2+ + 2OH

生成した錯イオンは、テトラアンミン銅(Ⅱ)イオンで、沈殿から透明になるところが鮮やかな変化です。この反応は、平衡状態を保っているので、物質の量を加減してどちらにでも移動させることができます。

「画像」

◇このブログで発信している実験は、取扱いに注意を要する試薬・器具も含まれています。また、操作自体に一定のスキルを要しますので、記事や映像を見ただけで実験することのないようにお願いします。実験の詳細の多くは、特に次の3書で紹介していますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です