UA-119493607-1 電気分解:乾電池を用いて | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

乾電池を用いて、硫酸銅水溶液・硝酸銀水溶液の電気分解を行います。

「動 画」工事中

実験プリント版

「実 験」電気分解:乾電池を用いて

「学習項目」イオン化傾向 酸化還元反応 電気分解 電気量

「準 備」0.1 mol/L塩化ナトリウム水溶液 0.1 mol/L硫酸銅水溶液 0.1 mol/L硝酸銀水溶液 ムラサキキャベツ色素水溶液 炭素棒2本 クリップ付リード線 乾電池(9Vまたは単三数本)

「操作手順」

  1. 乾電池を使って各水溶液に電気を流す。
  2. 電極付近を観察する

「方付け」 実験後の余った金属塩水溶液は回収する。

「画 像」硫酸銅:陰極には単体の銅や銀が析出

   

「確認演習」

1.手順1について、反応終了後、陰極の質量が2.54g増加していたとして答えなさい。

(1)極板上で起こった反応を反応式で表しなさい。

陰 極:(                      )

(  )極:(                     )

(2)回路全体に流れた電気量を計算しなさい。銅の原子量:63.5
(3)陽極には気体が発生する。その反応を表し、その反応が優先的に起こる理由も述べなさい。
(4)陽極に発生する気体の体積(標準状態)を計算しなさい。

2.手順3について、イオン反応式で表しなさい。

(1)陰極での反応:(                    )

(2)陽極での反応:(                    )

「関 連」
監修教材の紹介:学研『自由研究:寒天で電気分解しよう』

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です