UA-119493607-1 ドライアイスの白いドーム | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

ドライアイス片を水に落とすと激しい昇華が起こり、白い煙がモクモク出てきます。シャボン球にしてみるとぽよよんとして特異な挙動を示します。内部は、二酸化炭素と水蒸気で充満していて、特に白い煙は微細は水滴であると考えられます。

ぽよよんという挙動は、内部の気体密度が高いのと、シャボン液への水分の補給がされることで丈夫になっているからだと考えています。指でつつくと一瞬球の形が見え、そこから崩れる感じが印象的です。

「画像」

◇このブログで発信している実験は、取扱いに注意を要する試薬・器具も含まれています。また、操作自体に一定のスキルを要しますので、記事や映像を見ただけで実験することのないようにお願いします。実験の詳細の多くは、特に次の3書で紹介していますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です