UA-119493607-1 銅線アメンボが水に浮く | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

銅線で作成した「アメンボ」を静かに水に浮かべます。そこに、わずかな油を滴下すると水面に油膜が広がり、それに呼応してアメンボが動くことがはっきりり見えます。最終的にはアメンボは重量に耐える力を失って沈んでしまいます。

「動画」金属製なのでそのままボッチャン沈没かと思いきや、見事に水上でゆらゆら。

「画像」線の太さや形により水との接触面にロウを塗るとよい・アメンボをティッシュに乗せたまま、水面に静かに置くとうまくいく・ナスタチウムの葉の上の露

 

 

「解説」界面活性剤が表面張力を弱める:強力な表面張力ですが、洗剤(界面活性剤)を加えることで、水の界面が柔軟になり、水が引き合う力が弱まります。界面活性剤は、疎水基部を空気の方に向けて表面に並び(右上画像)、親水基部が水分子を引きつけるので、表面で結束していた水の鎖が解かれ、緊張が和らぐのです。つまようじで洗剤を加えた瞬間に浮力生む曲面がその形を保つことができなくなり、アメンボは沈んでしまうわけです。

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対(!)にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものが多いので参考にして下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です