UA-119493607-1 いくらカプセルを作る | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

上から液体をぽたぽた滴下すると、宝石のようなカプセルが次々と誕生します。魚卵エキスを混ぜ込むことができるらしいことから、一般名称も「いくらカプセル」に落ち着いた感があります。

実験プリント版

「実験タイトル」いくらカプセルを作る

「サブタイトル」いくらなんでも!

「準備」「操作」web非公開

「画 像」

   

「注意と工夫」

  1. アルギン酸ナトリウムは良く溶かしておくこと。ピペットは、先端に不溶物が詰まりやすいので勧められません。
  2. アルギン酸ナトリウムと塩化カルシウム水溶液を調整する際、かき混ぜ棒は別のものを使用すること。
  3. 塩化カルシウム水溶液をややアルカリ性に保っておき、食紅の代わりにフェノールフタレイン指示薬を使用すると鮮やかな色変化が確認できる。

「解 説」
1.不溶性の膜が生成する:最近の食品の中には生鮮食品をまねた、いわゆるコピー食品が多く見られるようになりました。かつて話題となった「人造イクラ」も、実験のような方法でカプセルの中にエキスを封入して作られていたようです。材料のアルギン酸ナトリウムは、分子内の-COOH(カルボキシル基)のH部がナトリウムイオンと交換されたもので、水溶液中で高い粘性を示します。このカルボキシ基部は、マグネシウムイオンやカルシウムイオンなどの多価イオンとも強く結合し、水に不溶なゲル化皮膜を作ります。生成した膜は動植物の細胞同様、水分子やイオンのような小さな粒子の出入が可能な半透性を示すため、内部に大きな粒子を含む液を封入すると、外部溶液との間に浸透圧を生じます。いわゆる「膨潤状態」となるために、あの独特な触感(食感?)が得られるのです。

2.生命誕生の鍵を握る:コピー食品として活躍中の半透膜ですが、実はこの物質、生命誕生の鍵を握っているのではないかとも考えられています。それは、太古の昔、希有な条件が重なり淡水下で濃縮された分子群が、カルシウムイオンの存在する海水と接触し、細胞膜の原型を生成したのではないかというものです。確かに希薄な海水よりも、限定された膜構造の中で種々のタンパク質が形成され、生命としての連続性が生まれたというアイディアは…

…省略…

「演 習」
  1. 塩化カルシウムの化学式とその水溶液中に存在するイオン種を書き出しなさい。
  2. 塩化カルシウム1 gを50  mLの水に正確に調整して得られる濃度を求めなさい。
  3. アルギン酸ナトリウムとある種のイオンが反応して膜を生成する様子を図説しなさい。
  4. カプセルを食塩水に入れた際に起こる変化を図説しなさい。
  5. このようにしてできるカプセルは、どのような用途に応用できるか例をあげなさい。
  6. 食紅のパッケージに表示されている成分を調べなさい。

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です