UA-119493607-1 タマネギ染色 | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

タマネギの外皮に含まれる色素(ケラセチン)で布や玉子の殻を染色

実験プリント版

「実験テーマ」タマネギの色素で染める

「サブテーマ」たまたま染まるタマネギ染め

「実験目的」玉ねぎ外皮に含まれるケラセチンで布を染色する。

「学習項目」金属イオン キレート 植物染料 媒染剤

「準備物」玉ねぎ外皮 染色用布 ミョウバン

「操 作」web非公開

外皮は1個あたり2-3 g、タマネギ5個もあれば相当な染料が得られる。

煮出した後、布で絞り、これを染液とする。主な色素はケルセチンである。

染液を媒染剤が混じらないように水洗いをうまく組み合わせる。

乾いても色濃い山吹色、絹を使えば鮮やかな金色に染まる。

卵殻、カルシウムイオンとの相性が良く染まりやすい。見かけはヨード卵!

「注意と工夫」

ミョウバン水溶液から出した後、よく水洗する。

「演習問題」

  1. 玉ねぎの外皮に含まれる色素の構造式を調べて描きなさい。
  2.  色素の構造式からわかることを述べなさい。
  3. ミョウバンとはどういう物質か?水に溶かすとどのような成分が生成するか、説明しなさい。
  4. 布が染まりやすい理由を図説しなさい。

<解 説>

1.タマネギ外皮に含まれている黄色い色素は、ケルセチンC15H10O7である。フラボノイドの一種で、ソバや柑橘類の外皮にも含まれる色素染料としても用いられてきた。

2.ー般的な植物色素はタンパク質である絹には良く染まる。これは、色素がポリフェノールであり、アミド結合の部分に結合しやすいためである。対して、綿布はセルロースであるため染まりにくい。綿布を事前に豆汁や牛乳に付けておくと良いとされるのは、タンパク質が綿布に残り、色素に染まりやすくなるからである。ちなみにこのケルセチンは、綿にも良く染まるので、もっとも易しい染色のひとつである。

3.色素を固着させる要素として、金属イオンの存在がある。色素に金属イオンが配位すると、色が濃くなったり、酸や塩基に対し強くなり、繊維に固着しやすくなる。フェノールが鉄イオンと反応して、紫色を呈する反応と同様である。植物色素の多くはポリフェノールであるから、鉄や銅、アルミニウム等のイオンにより、染色の効果が上がることが多い。これら金属イオンを含む物質を、染色を媒介する役割という意味から媒染剤とも呼んでいる。


◇参考:草木染技法全書(山崎青樹 美術出版社)

◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です