• 教材や実験の開発情報

卵の殻とミョウバンを用いてジオード(晶洞:しょうどう)に似せた作品をつくります。

ジオード(晶洞:しょうどう; Geode)とは、岩石が作られる際に、その内部にできる空洞を持っているものです。成分が固化する際に熱水が入り込み、イオン性の物質が結晶化したと考えられます。観光地で展示販売されているので目にすることがありますが、石ころのように小さいものから、数メートルに及ぶ芸術作品のような趣のあるものあります。この実験は、途方もない年月をかけて形成されるジオードを、卵殻とミョウバン水溶液を用いて簡単に再現しようとするものです。色は食紅を用いています。濃度を調整することで、結晶の大きさを変えることもできます。うまくいかない場合でも、ミョウバン水溶液は使い回すことはできますが、卵の殻は比較的弱いので新しいものを用いる方がよいと思います。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。