UA-119493607-1 理科教育法Ⅲ・Ⅳ | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

※理教法Ⅲ:緊急措置;5/25更新

5/20にあらためて遠隔授業延長(社会情勢によっては予定変更の可能性もあり)のアナウンスがありました。今後とも状況が流動的であるため、まめに情報をチェックしてください。通信環境の厳しい学生もいるかと思いますが、大学への立ち入りが制限されているため、まだこの方法に頼らざる得ない状況です。しかし、学生の負担も考慮し、最終的に個々の事情は配慮しますので、あくまで緊急対応として、現況で可能な範囲で取り組んで下さい。

〇6/2以降の遠隔授業:期間がさらに延長となる見込みです

◇(準備中)6/16(火)

◇(準備中)6/9(火)

6/2(火)『国際的な調査PISA』について

5/26(火)『クリップモータの製作』:教科書2年物理分野「電磁力」

5/19(火)『電解質とコピー食品』:教科書該当分野特になし

5・12(火)『コヒーラ検波器の製作』:教科書3年単元5「科学技術と人間」

◇5/5(火)『炭電池を作る』:教科書2年化学分野「電気エネルギーへの変換」

◇4/28(火)『ツクシ・スギナの観察』:教科書1年生物分野「種子をつくらない植物」


※以上:緊急措置


以下、理教法Ⅲ・Ⅳでの履修予定の内容、参考まで。


理科教育法Ⅲ

「概 論」理教法Ⅰを踏まえ、資料を用いてより専門的な考察を加えていきます。

概論で取り扱うテーマ…

  1. 新学習指導要領への対応:アクティブラーニング~ICT…
  2. 理科教育の現状:国際的な調査研究から~PISAの結果を考察・STEM教育の現状
  3. 理科教育と関わりの深い法令・通知:危険物に関する取り扱いなど
  4. 理科教育に関する資料から…現場理科教員の日々の勤務状況~研修への取り組み…
  5. 理科教育と取り巻く現況:トピックスから~

「授業研究」理教法Ⅱに準じ模擬授業とスキルアップを目的とした実験・教材開発実施します。

  1. 演示授業:ICT機器を用いた教材開発 新しい開発教材の紹介 身近な素材を用いた演示実験など
  2. 模擬授業またはスキルアップ実験:理教法Ⅰ・Ⅱに準ずる;実施予定テーマ

・つくしとスギナ;1年生物 植物のつくり

・炭電池の製作;3年化学 化学電池とエネルギー

・コヒーラ検波器の製作;3年科学技術 科学技術の歴史と進展

・高分子化合物を扱う(PVA・ラテックス・リモネン…);1年化学 物質・環境

・爆鳴器の製作と解体;2年化学 化学反応 化合

・簡易カメラの製作;1年物理 光の性質 屈折 レンズ

・カルメ焼きの実践;2年化学 化学変化 分解反応

・単極モータの製作;2年物理 電磁力とエネルギー

・不思議な貯金箱の製作;1年物理 光の性質 反射

・ガラス細工;3年科学技術 物質

・身近なもので電池;3年化学 化学電池とエネルギー

・過飽和から結晶つくり;1年化学 溶液 溶解

・その他:空き缶でキャンドル コピー食品 墨流しでアート作品 キッチンケミストリー…


理科教育法Ⅳ(2021後期:開講)

概論は理教法Ⅲに準じる。模擬授業に加え、さらに自由度の高い教材研究に重点を置き、学生のプレゼンテーションを中心に展開を予定。

  1. 模擬授業:理教法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲに準じて
  2. 開発教材の紹介:ミョウバンの結晶を作る …他
  3. 動植物の飼育栽培:シイタケ カブトエビ アルテミア …他
  4. 標本紹介:始祖鳥 カブトガニ フラーレン …他
  5. 演示実験:科学マジック  …他
  6. 施設研修報告:沼津シーラカンスミュージアム …他