UA-119493607-1 理科教育 | らくらく理科教室
  • 都留文科大学の理科教育

学校教育科_基礎化学・(初等教育学科の[Ⅰ]と共通)

授業プリントは教室の外にも掲示します。

「授業計画」

第1回:化学と人間生活;身の回りの物質から先進技術まで
第2回:物質の構成;物質の分離・原子と元素・単体と化合物・状態変化
第3回:原子の構造と電子配置;イオン結合とイオンからなる物質
第4回:分子からなる物質;共有結合と分子の極性、分子間に働く力
第5回:金属結合;金属の性質(光沢・延展性など)とその利用
第6回:物質量と化学反応式;化学反応と量的な関係
第7回:化学変化とエネルギー;反応熱と化学発光
第8回:化学変化と反応速度;反応速度を決める条件、触媒など
第9回:酸と塩基①;酸塩基の定義と種類・価数と電離度・水溶液のpH
第10回:酸と塩基②;中和反応と中和滴定・塩と加水分解
第11回:酸化還元反応;酸化数・酸化還元電位・酸化剤と還元剤
第12回:電池と電気分解;電池の構成と種類・電気分解の仕組み
第13回:有機化合物①;炭化水素・アルコール・アルデヒドの性質
第14回:有機化合物②:芳香族・エステル反応・ジアゾカップリング反応
第15回:有機化合物③:高分子化合物の種類とその利用

「留意点」

  1. プリントを配布します。内容をメモするノートとして活用して下さい。
  2. 中学校~高校の復習から開始します:高校では選択科目や受験との関連でほとんど学習していない・内容がおぼつかない学生もいると想定して…
  3. プリントノートの空欄を埋めていくときに発問することもあります。順番に指名するので積極的に応答を。
  4. 授業では、教材や映像提示・演示実験を行います。必要があれば座席を移動して観察して下さい。撮影するなどデータを積極的に活用して下さい。
  5. 出席確認をかねて、小テストを実施することもあります。

「定期試験」実施します

「評 価」定期試験、授業中に提示する教材や課題への取り組み状況、興味関心の度合いなどを総合的に判断します。

*********************************

「授業科目名」基礎化学 教員の免許状取得のための必修科目 単位数:2単位

「科 目 」教科に関する科目(中学校 理科)

「施行規則に定める科目区分 ・化学

「授業の到達目標及びテーマ」化学の基本的な概念と原理・法則に関する知識を習得する。また、化学と日常生活や社会、人間生活との関わりを意識し、化学的に探究する能力と態度を身につける。
「授業の概要」中学校・高等学校の「化学」分野の内容を踏まえ、包括的に化学の体系を捉えなおす。教材教具の提示・演示実験や映像などを活用し、演習問題にも取り組むことで理解を深める内容とする。