UA-119493607-1 理科教育法 | らくらく理科教室
  • 都留文科大学の理科教育

理科教育法Ⅰ~Ⅳ:理科教育概論分野

1.理科教育の概要
⑴理科教育の法的理解:基本法令、その目的と内容は?
⑵学校教育における理科教育:教育課程、学校教育機関での位置づけはどうなっているのか?
⑶理科教員の業務とは:理科教員の使命、理科という教科に対する姿勢について。
2.理科教育の現状と課題
⑴トピックから知る学校理科教育の現状
① 科学リテラシーと理科離れ
② ゆとり教育は何をもたらしたか?
③ 国際的な各調査結果(OECD/PISA)などから見える学力とは?
⑵理科教育の課題:何が問題なのかを整理して考察する
3.これからの理科教育
⑴当面の動き
① 新学習指導要領への対応:変更点の趣旨と要点、何が求められるのか?これまでの改定の流れを踏まえて。
② 指導方法の改善:アクティブラーニング・ICT教育の推進
③ 指導内容の改善:環境教育・博物館等の外部教育機関との連携・部活動指導など
⑵グローバル化・AI技術の進展への対応
① これからの理科教員に求められる意識改革
② 生徒の興味関心をどう育成し、学力向上につなげるか?
4.教材研究
⑴教科書を用いてその目標と内容を検討する
⑵教材や教具を開発:プレゼンテーションなど
5.模擬授業(生徒グループ実験も含む)
⑴学生のプランニング:指導計画指導案の作成・内容と展開方法・演示実験や生徒グループ実験の準備、予算の検討
⑵模擬授業を受けて:事後の相互評価などの検討会の実施

 

教材開発と模擬授業等の実践分野(常に更新中)

リスト:緑色の項目は「投稿カテゴリ」の具体的な説明にリンクします。

< 1 年 >

「生 物 1」

  1. 花のつくりとはたらきp20-22:植物の花のつくりの観察
  2. 葉のつくり~葉と光合成p32-34:①ノリに含まれる色素の抽出
  3. 光合成と二酸化炭素の関係p38:オオカナダモを用いてBTB溶液の変化を観察する

 

「化 学 1」

  1. 白い粉末の見分け方~炭をつくろうp85:松かさを炭化する
  2. 物質が水に溶ける様子p101:シュリーレン現象の観察
  3. 水に溶ける物質のようすp103:コーヒーシュガーとデンプンを用いて
  4. ミョウバンの結晶をつくってみようp113:ピン球でミョウバンの正八面体結晶を作る
  5. 物質の状態変化p115-:風船を使った状態変化説明モデル

「物 理 1」

  1. 光の反射p144:不思議な貯金箱の工作
  2. 光の屈折~レンズの性質p148-159:簡易カメラの工作

「地 学 1」

  1. 地震と災害p228:通常の波と津波の違いを理解する実験モデル

 

<2年>

「化 学」

  1. 化合するときの物質の割合p64-:銅とマグネシウムの酸化

「生 物」

「地 学」

「物 理」

  1. 静電気の正体p215-6:ペットボトルで箔検電器を作る

 

< 3 年 >

「化 学 3」

  1. 酸性やアルカリ性の水溶液の性質p40-:カラーマジック「白ワインが赤ワインに?」
  2. 紫キャベツの汁から指示薬をつくるp43:バタフライピーを使って

「生 物 3」

「物 理 3」

「地 学 3」

「環境・技術」

  1. エネルギーの利用:ゼネコンでLEDを発光させる

 

「その他」

  1. 安全教育:①オイルの発火事故より