• 教材や実験の開発情報

※前回も、ほとんどの受講者が時間内に回答できていました。大学への立ち入り制限が緩和され、構内での通信施設利用の幅が拡大しつつあるので、今後もこのような形式で実施していきたいと思います。


次の内容は、教科書『中学校学習指導要領解説 理科編 p144-』の第3章「指導計画作成」に関するものです。(これらはすでに4/28時点の対応でリンクしてあったPDFファイル:①理教法Ⅰ_概論2020p5-7の内容に相当する部分をそのまま抜き出したもので、特に[ ]部分には適切な語句をすでに記入してあります。 → 通常授業で回答させる予定でした)

以下の内容をあらためて読み直した上で、途中に赤文字で記載されている設問1-5に答えなさい。


学習指導要領解説 p114

第3章 指導計画作成と…

〇1 指導計画作成上の配慮事項

(1)主体的・対話的で深い学び…

「対話的な学び」…あらかじめ[個人  ]で考え、…科学的な根拠に基づいて[議論  ]したりして、自分の考えをより妥当なものにする学習となっているか…。

(2)学校の実態に応じた効果的な…

・1学年では[105  ]時数

設問1:この105時数の根拠は何か、50文字以内で説明しなさい。(ヒント:単位数は週単位数 年間35週が基準となっている)

・1単位時間は各[学校  ]で定めることもできる

・授業を特定の[期間  ]に行うことが可能

・第1・2分野(7):区別することなく[一括  ]実施  教科書3年単元[5   ]地球と私たちの未来のために

設問2:教科書3年だけに単元5が追加されている。自然環境保全や科学技術の進展などの内容となっているが、この分野が中学3年の最後にあてられている理由は何か?学校や生徒の実情を踏まえて、50字以内で述べなさい。(ヒント:中学3年の最後と言えば?)

⑶十分な観察、実験の時間や…

・2単位時間[連続  ]確保

・発表の機会  ・データを…

⑷日常生活や他教科等との…

・日常生活や[社会 ]で活用…役割を果たしていることに気づかせる。

・教職員間で相互に連携

⑸障害のある生徒への…

・インクルーシブ教育システム

・通常学級でも…障害のある生徒が在籍しているということを前提に、全ての…

・学習活動を行う場合に生じる困難さが異なることに留意…

⑹道徳科などとの…

・道徳的判断や真理を大切に

・道徳科に活用することが効果的な場合

〇2 内容の取扱いについての配慮事項

(1)科学的に探究する力や態度の育成

・自ら調べ事実を確認…

・実験操作を工夫

・自然に[直接  ]触れる

・科学的な根拠を踏まえて

(2)生命の尊重

・[生物   ]の飼育や栽培

・技術の進歩

・生態系への配慮

・解剖…生徒の心情

・自然環境保全

⑶言語活動の充実

分析解釈する学習活動…考えたり説明したり…思考力、判断力、表現力…

⑷コンピュータや情報通信…

・学習の質を高める

・有用な道具としての位置づけ

⑸学習の見通しとふりかえり

・計画的に取り入れ

⑹ものづくりの推進

・1年p159 [簡易カメラ    ]

・1年p165 [モノコード    ]

設問3:モノコードとはどのような教材か?その原理を50文字以内で簡単に説明しなさい。(ヒント:1年の物理分野 音 のところで扱っている)

・2年p256 [手作りモータ   ]

・2年p71 [鉄粉カイロ     ]

⑺継続的な観察

・[定点  ]観測:天気の変化や生物の発生

・天体観測

・屋外夜間の動植物の観察

⑻体験的な学習活動

・指導計画の工夫

・環境整備

⑼博物館・科学学習センターなどとの連携

・地域にある施設の活用

設問4:都留市・富士吉田市に設置されている該当施設を3つ挙げ、その施設の正式名称を答えなさい。

・見学

・標本資料等の借り受け

・講座

⑽科学技術と日常生活や社会…

・動力や機械

・医療

・防災

・情報

・環境問題

・資源の有効利用

・職業

p130

〇3 事故防止、薬品などの管理及び廃棄…

3 観察、実験、野外観察の指導の重要性

・事故を心配する余り、観察実験を行わずに…

・[危険  ]を認識し回避する力を養う

(1)事故の防止について

ア 指導計画などの検討:生徒の習熟度を掌握し[無理   ]のないような…

イ 生徒の実態の把握、連絡網の整備:注意していても[事故は起こる      ]…

ウ 予備実験と危険要素の検討:すべてのグループが[同時    ]に実験 → 危険性の増大

設問5:危険性の増大とは、どのようなケースを想定しているのか?具体的な例を挙げて50文字以内で説明しなさい。(ヒント:特に化学実験で想定される事故)

エ 点検と安全指導:もっとも多い事故 →[ガラス    ]器具によるケガ 教師への[報 告 ]

オ 理科室内の環境整備:救急箱・[防火  ]対策・換気…特にアンモニア・[硫化水素  ]・塩素などの気体

カ 服装・保護眼鏡:機能的な服装…髪・靴・[常  ]に保護眼鏡を着用

キ 応急処置と対応:

薬品が目に → [流水  ]洗眼

火傷 → 冷水で冷やす

※ 医療機関・保護者

ク 野外観察:事前のルート確認…天気天候…避難場所…虫…日差し…

  • 薬品などの管理について:消防法・火薬類取締法・高圧ガス保安法・毒物及び[劇  ]物取締法…
  • 廃棄物の処理について:…環境保全関係の法律に従って…[重   ]金属イオン…[マイクロ   ]スケールの実験…

付 録

p138

学校教育法施行規則(抄)

p138

附則

別表第二

理科 105 140 140

総授業時数 [1050     ]

一単位時間50分

総授業数/35週=週時数

p150

理科:項目を確認したい場合や指導案作成時には参考になる。


◇遠隔授業としての指示:設問1-5の回答をこの下のコメント欄に直接記入しなさい。出席確認機能も兼ねているので、可能な限り各授業時間内に考えをまとめて回答すること。最初に「6/9・氏名」をわかるように記載のこと。(内容は自動的に指導者に送られるがすぐには公開されない設定になっている。ただし、数日内に名前をぼかして公開する予定。)


コメント一覧

返信2020年8月2日 2:40 PM
アバター

匿名23/

8/2 川 設問1 学校教育法施行規則によって各教科ごと授業時数が定められている。理科は週3時間×35週なので105時数。 設問2 卒業式や受験などがあるので、時間調整等に使える時間を作るため。 設問3 モノコードの「モノ」は「1」という意味で、一本の弦が張ってある。弦をはじく強さや弦の長さを調節することで高さ、大きさを変えることができる。 設問4 山梨県立リニア見学センター、都留市博物館ミュージアム都留、ふじさんミュージアム 設問5 同時に実験を行った場合、人同士がぶつかる危険性や、1つの班で事故が起こったときに、二次的な被害が大きくなってしまう危険性がある。

返信2020年7月28日 7:29 PM
アバター

匿名24/

7/28新 1.学校教育法施行規則で定められており、第1学年で年間35週を基準としていることから。2.理科の内容を総合的に考察するべき内容であるから。3.弦を張り、その振動を利用し音が変わる仕組みになっている。4.山梨県富士山科学研究室 山梨県立リニア見学センター ふじさんミュージアム5.実験を行うスペースを広く余裕を持たないことで怪我をしたりする。

返信2020年6月25日 12:18 AM
アバター

匿名25/

6/9 山聖 1.学校教育法施行規則の別表第2(第73条)にて、第一学年で105時間(3単位×35週)が標準と定められているから。 2.卒業式や受験などがあるため、時間調整などに使える時間を作るため。 3.弦の長さや弦の張りを変えたりして、それぞれの条件における音の大きさ高さとの関係を調べる教材。 4.・山梨県立リニアモーターカー見学センター   ・山梨県富士山科学研究所   ・富士山レーダードーム館 5.同時に多くの人が活動していると、薬品を運んでいる人などがぶつかったり危険なことが増えるから。また、有害な気体を用いたり発生させたりする実験で、一気に行えば換気が間に合わず、その気体を吸い込んでしまうかもしれないから。

返信2020年6月9日 7:00 PM
アバター

23/

6/9 天 1、 学校教育法施行規則の別表第2(第73条)にて、第一学年で105時間(3単位×35週)が標準と定められているから。 2、 これまでに学んだことを生かしつつこれからの社会を担っていく立場になるということを認識させるため。 3、 一本の弦を張った楽器で、弦の太さや張り方、長さによって、音にどのような変化があるかを調べるもの。 4、 山梨県立リニア見学センター、ミュージアム都留、富士山レーダードーム館 5、 主に薬品や火を使う実験で多くのグループが同時に行うと、教師が満遍なく対応できなかったり、事故が起こってしまった場合にそのグループだけでなく、クラス全体に被害が及ぶことがある。

返信2020年6月9日 6:15 PM
アバター

匿名23/

sek 1 中学校学習指導要領第1章総則より、年間35週以上の授業が求められ、その中で週3で授業を行うとすると105時間となる。 2 卒業後すぐに就職する人もいる中全員が自分達の未来を切り拓く為に受験勉強だけでない知識が必要であるから。 3 1本の弦のみがはられているもの。弦の太さや長さを変えると弾くときに出る音の高低や大小が異なる。 4 ミュージアム都留 富士吉田市立富士山レーダードーム館 山梨県立リニア見学センター ※質問:河口湖の旧オルゴール美術館(現在の音楽と森の美術館)は使えますか? 5 一斉実験で有毒ガスが出た場合、実験室内にこもった想定量以上のものを全員が吸う可能性がある。

    返信2020年6月9日 6:25 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2 卒業後すぐに就職する人もいる中全員が自分達の未来を切り拓く為に受験勉強だけでない知識が必要であるから。  → 新指導要領の理念「見かた」「考え方」が示す部分がこの分野に具現化されているのだろう。 >4.旧オルゴール美術館…  → 音の博物館みたいな要素もあるけど…もっと、生物多様性センターや昭和大学の薬用植物園なども挙げられるとよい。

返信2020年6月9日 6:08 PM
アバター

匿名23/

6/9 堀 1、 年間35週以上に渡って行うことを前提に学校教育法施行規則の別表第二(第73条)に定められている。 2、 これまで学んできた理科の知識を使って、総合的に考える分野だから。 3、 一本の弦を張った道具のことを指す。弦の太さ、長さで振動数が変化し、音が変わる仕組みになっている。 4、 山梨県富士山科学研究室 山梨県立リニア見学センター ふじさんミュージアム 5、 実験に気を取られ、周囲の人とぶつかり炎が燃え移ったり、危険な薬品がかかったりする危険性がある。

    返信2020年6月9日 6:21 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >5、 実験に気を取られ、周囲の人とぶつかり炎が燃え移ったり…  → 実験グループの数が多くなることで増大するリスクとは何だろうか?単純に、使用試薬量が増えるとか…。

返信2020年6月9日 5:59 PM
アバター

23/

6/9 石 1.一週間のうちに三時数ずつ設けられているから。一年で計算すると105時数になる。 2.就職する、進学するにあたって必要となる知識だから。 3.一本の弦を張り、その振動を利用して、音程を測定したりするもの。 4.山梨県立リニア見学センター  ミュージアム都留  富士山ミュージアム 5.同じ実験をしていると注意すべきポイントが同じか少し違う時間に起こり対処が難しいため。

    返信2020年6月9日 6:06 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >5.同じ実験をしていると注意すべきポイントが同じか少し違う時間に起こり対処が難しいため  → 時間的なズレが問題?指導側としては、ズレ方が対処がしやすいという主張に対してはどうか?

返信2020年6月9日 5:56 PM
アバター

23/

6月9日 杉 1.学校教育法施行規則より、小学校第4学年以上は学校週5日制を前提として年間105時数とさだめられているから。 2.中学校3年の最後ということで高校受験などがあり、授業時間数の調整的な役割もあるから。 3.1本の弦を張り、その振動を利用して音程を測定し、音程を規定することを目的とした楽器、器具。 4..山梨県富士山科学研究所 、山梨県立リニア見学センター・富士山ミュージアム 5・多くの生徒が同時に行うと教師の目が行き届かず、危険性のある薬品を用いた実験や、火を用いた実験、換気の必要な実験などにおいてトラブルに対処しきれないケース。

    返信2020年6月9日 6:03 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2.…授業時間数の調整的な役割も…  → 調整以外の重要な意味合もあるが…

返信2020年6月9日 5:56 PM
アバター

匿名23/

長奈 1.学校教育法施行規則の別表第2(第73条)により、第一学年の授業時数は105時数と定められている。 2.卒業や受験があるため、授業時数を調整する必要があり、単元5の内容を状況に応じて調整できるから。 3.モノコードとは、弦を弾く強さを変えたり、弦の長さを変えたり、弦の張りの強さを変えたりして、弦の振動による音の大きさと高さを調べる教材である。 4.ミュージアム都留、山梨県立リニア見学センター、富士山ミュージアム 5.実験には、危険な薬品も含まれるため、人が多いと運ぶ際にぶつかったり、実験中に爆発や引火したりする危険性が高まる。

    返信2020年6月9日 6:01 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >…、単元5の内容を状況に応じて調整できるから。  → もちろんそれもある。しかし、もっと指導要領の基本理念に触れる部分もある。 >3.モノコードとは…  → 「モノ」とは?

返信2020年6月9日 5:56 PM
アバター

匿名23/

6/9 萩 1.学校教育法施行規則で定められていて、第1学年では週3時間と想定し、年間35週を基準としていることから。 2.この授業は、理科の内容を総合的に振り返りながら考察すべき内容で、これまでの復習も兼ねているから。 3.弦を弾く強さ、弦の長さ、弦の張りの強さを変えて、音の大きさや高さとの関係性を調べるため。 4.山梨県立リニア見学センター、山梨県富士山科学研究所、富士吉田市立富士山レーダードーム館 5.実験を行うためのスペースが十分に取れないことで怪我をしてしまったり、多量の有毒物質が室内に充満してしまったりすること。

    返信2020年6月9日 5:59 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >5.実験を行うためのスペースが十分に取れないことで怪我をしてしまったり、多量の有毒物質が室内に充満してしまったりすること。  → 具体的な対応策も考えてみると良い。

返信2020年6月9日 5:54 PM
アバター

匿名23/

6/9 土 1、各教科の授業は年間35週以上にわたって行うと規定がありそれに基づくと週3回になるから。 2、義務教育が終了し、これからの将来や社会に出た時に向けて知識として必要だから。 3、振動を利用して音程を計測し、音律を規定することを目的としたもの。 4、山梨県富士山科学研究所 、山梨県立リニア見学センター 、ふじさんミュージアム 5、硫化鉄などの有害物質を扱う実験同時にグループで行うことによって、換気が間に合わなかったりと安全に実験することが困難。

    返信2020年6月9日 6:20 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1、各教科の授業は年間35週以上にわたって行うと規定がありそれに基づくと週3回に…  → 中学一年では理科は3単位なっているからということから。 >3、振動を利用して…  → 「モノ」とは?

返信2020年6月9日 5:54 PM
アバター

青健23/

6月9日 青健 1.一週間に3時間程度、授業をすることを根拠にしている 2.中学三年は義務教育の最後となるため、進路が生徒によって分かれる。そのため、社会に出る準備として、世界的な環境や化学の状況についての理解を深める。 3.一本の弦を張り、音を調べる教材。振幅、振動、音の大きさ、高さを調べるためのもの。 4.どきどきリニア館、都留市八朔祭屋台展示庫 5、火を使った実験では、火の対処を学びながら実験を進めるため、その危険を避けていると対処できなくなってしまう。

    返信2020年6月9日 6:17 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.一週間に3時間程度、授業をすることを根拠にしている  → そういう法令の基準がある >4.…都留市八朔祭屋台展示庫…  → まあ科学的な要素は少ないけど博物的ではある >5、火を使った実験では、火の対処を学びながら実験を進めるため、その危険を避けていると…  → グループ実験にするとどのようなリスクが増大するのか、という観点!

返信2020年6月9日 5:51 PM
アバター

匿名23/

青珠 1.週に3単位を想定しているから。年間35週が基準のため、全部で105時数となる。 2.高校で学習するための土台にもなる集大成としてこれまでの学習の成果を生かし総合的に扱うため。 3.駒を動かすことで弦の長さや張りの強さを変えて、それらの条件と音の関係を調べるための教材。 4.山梨県立リニア見学センター、ふじさんミュージアム、富士山レーダードーム館 5.実験中に反応に驚いて後ずさって他のグループの人にぶつかり、その人が持っていた薬品をこぼす。

    返信2020年6月9日 5:57 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…年間35週が基準…  → 法令が根拠 >5.実験中に反応に驚いて後ずさって…   → 具体例…要は使用量自体が増えればどういうことが想定されるか、ということ。

返信2020年6月9日 5:50 PM
アバター

23/

6/9丸 1.1週間に理科は3時間あり、年間を通して各分野におよそ同程度の授業時数を配当するものとされている。 2.受験や卒業式などがあり、通常のような授業時間の確保が難しく、調整が必要なため。 3.モノコードは、箱に糸が張られたもので、糸の張り具合や長さを変化させて、音の高さや大きさを変えるもの。 4.山梨リニア見学センター、都留市中央公民館、富士山レーダードーム館 5.同時に実験を行った場合、人同士がぶつかる危険性や、1つの班で事故が起こったときに、二次的な被害が大きくなってしまう危険性がある。

    返信2020年6月9日 5:55 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…年間を通して各分野におよそ同程度の…  → 同程度とは? >2.…調整が必要…  → 調整の中身は? >3.モノコードは…  → 「モノ」とは?

返信2020年6月9日 5:50 PM
アバター

匿名23/

上 設問1 年間35週、週3時数として計算された結果である。 設問2 中学3年の最後は、高校受験をすることになるため理科全体のまとめをするため 設問3 1本の弦を張り、その振動を利用して音程を計測し、条件によりどのように音が変わるか調べることを目的とした教材 設問4 山梨県立リニア見学センター ミュージアム都留 山梨県富士山科学研究所 設問5 発生するガスの量が、多くのグループですることにより多くなることにより、少量であれば身体に害のない気体も体に害を及ぼす危険性を想定している。

    返信2020年6月9日 5:53 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >設問1 …として計算された結果である。  → 法的な根拠があっての上で、ということ。 >設問2 …高校受験をすることになるため理科全体のまとめをするため  → 本音はそうだろう。しかし、もっと別の観点も。 >設問5 発生するガスの量が、多くのグループですることにより多くなる…  → 対応策も考えてみよう

返信2020年6月9日 5:47 PM
アバター

匿名23/

6/9 伊愛 1.週に3回理科の授業があるとすると、それが年間35週あるので、3×35週で、105週となる。 2.3学年は受験があるため受験での文章問題、小論文などの課題になりやすい単元を理解できるようにするため。 3.弦の太さ・弦の張りの強さ・長さを変えて音がどう変化するかを調べる、1本の弦を張った楽器。 4.山梨県立リニア見学センター   山梨県富士山科学研究所   富士山レーダードーム館 5.1つのグループでの指導に集中してしまい、他のグループの事故を防止することが出来なかったというケース。

    返信2020年6月9日 5:49 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2.…文章問題、小論文などの課題になりやすい単元を…  → そういうことも実態としてはあるだろうけど… >5.1つのグループでの指導に集中してしまい、他のグループの事故を防止することが…  → もっと直接的なこと。例えば、使用試薬が増えれば…?

返信2020年6月9日 5:45 PM
アバター

23/

鈴 1、年間が35週ということは一週間に3回理科の授業があれば105時間になる。 2、高校進学や就職など上のステージへ行くうえでこの分野の内容は社会の一員という自覚が芽生えるから。 3、木の箱の上に糸がぴんと張られていて、意図を引っ張る強さや糸の長さと、音の変化の関係を学ぶ。 4、山梨県リニア見学センター、都留市博物館ミュージアム都留、富士博物館 5、複数のグループで同時に危険なことが起こった時、教員が一人では対応できないというケース。

    返信2020年6月9日 5:47 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1、年間が35週ということは一週間に3回理科の授業があれば105時間になる。  → その法的な根拠は> >3、木の箱の上に糸がぴんと張られていて…  → 「モノ」とは? >5、複数のグループで同時に危険なことが起こった時、教員が一人では対応できない…  → 具体例としては…

返信2020年6月9日 5:42 PM
アバター

23/

6/9 佐 1.週に3回理科の授業を行うことで、3単位×35週=105時数となる。 2.卒業の準備や高校受験に備えるため。 3.モノコードとは、箱に一本のコードが張られており、このコードの張る強さや長さや太さを調節することで、出せる音が変わるという装置。 4.ミュージック都留、山梨県立リニア見学センター、なるさわ富士山博物館 5.同時に実験を行ってしまうと、活動する人数が多くなるため、実験器具や危険な薬品を持った人がほかの人にぶつかったり、先生単身では生徒の対応が追い付かなくなったりしてしまう

    返信2020年6月9日 5:45 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2.卒業の準備や高校受験に備える…  → 本音はそうだろうが…それだけでもない >4.ミュージック都留…  → ライブハウス?あるの? >5.同時に実験を行ってしまうと、活動する人数が多くなる…  → 有毒ガスも発生するだろうから…

返信2020年6月9日 5:41 PM
アバター

匿名23/

6/9 松駿 1.一週間に3回授業を行ったとき、年間35週が基準となっているため一年間で105回授業することになる。 2.受験を控えているため基礎をする時間はなく、また、受験に備えるという意味で今まで習ってきたことを活かすことができる授業にするため。 3.モノコードの「モノ」は「1」という意味でその名の通り一本の弦が張ってあり、その弦をはじく強さや弦の長さを調節することで高さ、大きさを変えることができるもの。 4.ミュージアム都留、富士山レーダードーム館、山梨県富士山科学研究所 5.薬品などを運ぶ際に周りの人と接触し、こぼしてしまう。

    返信2020年6月9日 5:43 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…年間35週が基準…  → その法令は? >2.受験を控えているため基礎をする時間はなく…  → 本音はそうだろうが… >5.薬品などを運ぶ際に周りの人と接触し…  → 特にグループ数が増えるとどうか?

返信2020年6月9日 5:36 PM
アバター

匿名23/

6/9・反 1.中学校の理科は週に3単位数あり、年間35週以上にわたって授業を行うように定められているため。 2.自分たちの生活や今後に関わる内容なので、今まで学習してきた知識を活かせるように最後になっている。 3.1本の弦が張られた弦楽器。弦の長さや太さ・はじく強さによって振動数が変わり音の高さが変わる。 4.ふじさんミュージアム、山梨県富士山科学研究所、富士吉田市立富士山レーダードーム館 5.薬品を扱う実験を行って、薬品の濃度や量を誤り、全てのグループで有毒な気体が発生すると大惨事になる。

    返信2020年6月9日 5:41 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2.自分たちの生活や今後に関わる内容なので、今まで学習してきた知識を活かせるように最後になっている。  → 新指導要領の理念、そのキーワードは? >5.薬品を扱う実験を行って、薬品の濃度や量を誤り…  → 誤らなくても、グループ数が多くなれば…?

返信2020年6月9日 5:34 PM
アバター

匿名23/

6/9 宮川京也 1.学校教育法施行規則によって各教科ごと授業時数が定められており、理科は週3時間×35週で105時数 2.中学3年の最後は、受験などの形態も人それぞれなので、学校ごとに必要に応じて調整できるから 3.一本の弦(モノコード)の長さ・太さ・張りの強さを変えて、音がどのように変わるのか調べるもの 4.富士吉田市環境美化センター、ふじさんミュージアム、富士山科学研究所 5.一度に多くの人が実験を行うと、人同士の距離が近くなり、器具に当たって倒れたり、実験中の人にあたって怪我をしたりする危険性が高くなる

    返信2020年6月9日 5:38 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2.中学3年の最後は、受験などの形態も人それぞれな…  → 実は新指導要領の理念にも関わるのだが… >5.一度に多くの人が実験を行うと、人同士の距離が近くなり…  → 気密性のある空間だと有毒気体の問題もある

返信2020年6月9日 5:33 PM
アバター

長慎23/

6/9 長慎 設問1、年間で35週なので、週に3回授業があるとすると、105時数になるから。 設問2、受験があるため、時間を調整したり、勉強のための時間としてあると思います。 設問3、モノコードは1本の弦を張った、楽器や道具のことで、長さや太さなどを変えて音を変化させる。 設問4 都留市は、山梨県立リニア見学センター、ミュージアム都留、都留市役所 都留市商家資料館の3つです。 富士吉田市は、ふじさんミュージアム、富士吉田市役所 歴史民俗博物館、富士山レーダードームの3つです。 設問5、同時に実験を行うことで、もし1つのグループで問題が起きた時に、他のグループでも問題が起きてしまったら、対処しきれず、さらに大きな事故が起きてしまうかもしれないから。

    返信2020年6月9日 5:35 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >設問1、年間で35週なので…  → その根拠は? >設問2、…勉強のための時間として…  → 本音はそうかもしれないが… >設問4 都留市商家資料館…  → さすがに科学の要素は少ないかも >設問5、同時に実験を行うことで…  → 例えばどんな実験?

返信2020年6月9日 5:29 PM
アバター

匿名23/

1.学校教育法施行規則の別表第2(第73条)で定められているから。 2.卒業式や受験などがあるため、時間調整などに使える時間を作るため。 3.弦の長さや弦の張りを変えたりして、それぞれの条件における音の大きさ高さとの関係を調べる教材。 4.・山梨県立リニアモーターカー見学センター   ・山梨県富士山科学研究所   ・富士山レーダードーム館 5.同時に多くの人が活動していると、薬品を運んでいる人などがぶつかったり危険なことが増えるから。

    返信2020年6月9日 5:32 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    名前が確認できません! >1.学校教育法施行規則の別表…  → 105時間の根拠をもう少し詳しく >3.弦の長さや弦の張りを変えたりして…  → 「モノ」とは? >5.同時に多くの人が活動していると、薬品を運んでいる人などがぶつかったり…  → 閉鎖空間の問題も…有毒気体とか

返信2020年6月9日 5:26 PM
アバター

6/9青木23/

6/9青木 1.年105時間であると週に3回程度の時間が取れるため。 2.3年生の最後は受験が迫っており、単元5は既習部分が多いため新たな知識の詰め込みを防ぐことにつながる。 3.モノコードとは音による振動を測定する教材である。 4.リニア見学センター   都留市博物館ミュージアム都留   山梨県富士山科学研究所 5.硫黄と鉄を混ぜて流加鉄を作る実験で、硫化鉄ができたかを確かめるために塩酸と混ぜる過程があるが、多くのグループが同時に行うと硫化水素が大量に出る可能性がある。

    返信2020年6月9日 5:31 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.年105時間であると…  → 法的な根拠を示す >2.…単元5は既習部分が多いため…  → 新学習指導要領に掲げられている理念とも関わる部分… >3.…音による振動を測定する教材である。  → 「モノ」とは? >5.硫黄と鉄を混ぜて流加鉄を…  → 硫化鉄   グループ実験にすると問題がある理由

返信2020年6月9日 5:23 PM
アバター

匿名23/

6.9 村 1. 週3回の授業が35週あるから105時数になる。また、2.3学年になると週4回に増えるため、140時数となる。 2. 受験や進学に向けての準備期間として時数の調整にも融通がきくため、時間の調整がうまくいくと考えたから。 3. 弦の太さ・弦の張りの強さ・長さを変えて音がどう変化するかを調べる、楽器のような教材。 4. 山梨県富士山科学研究所 ふじさんミュージアム 都留市博物館ミュージアム都留 5. 加熱中の火傷などの怪我や、実験中の薬品の発火・爆発、入れる液体を間違ったまま実験してしまうなど。

    返信2020年6月9日 5:28 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1. 週3回の授業が35週あるから…  → 法的な意味合いがある… >2. …準備期間として時数の調整にも…  → あくまで本音の部分は、ということだろう。 >5. 加熱中の火傷などの怪我や…  → グループ実験だと、さらにどうなるのか、という設問

返信2020年6月9日 5:15 PM
アバター

匿名23/

6/9 21219061 小も 1.年間35週が基準と考え、週3回授業を行うとすると105時間になるから。 2.義務教育も終わり、自ら考えることがこれから増えていくし、大人になっても関わっていく問題だから。 3.弦の振動を利用して音程を計測し、音律を規定することを目的とした楽器、器具。 4.山梨県富士山科学研究所   山梨県立リニア見学センター   富士博物館 5.火を使う実験が多くなるか、燃えやすいものに火がついてしまい燃えてしまい、それを見てパニックになり二次災害も考えられる。

    返信2020年6月9日 5:20 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >年間35週が基準と考え、週3回授業を…  → 法的な根拠は? >2.義務教育も終わり…自ら考えることがこれから増えていくし、大人になっても関わっていく…  → 新隔週指導要領の「見かた」「考え方」にも関わる >5.…火がついてしまい燃えてしまい、それを見てパニックになり二次災害…  → 二次災害とも言えないような気はきはするが…

返信2020年6月9日 5:11 PM
アバター

匿名23/

6/9 和 1.週3単位として1年間を通じて、各分野におよそ同程度の授業時間数を配当するようになっている。 2.中学生のまとめとして、理科の授業と自然環境保護や科学技術の進展には繋がりがあることを知るため。 3.音の発生を知るためのもの。高い音を出したり、低い音を出したりするにはどうしたら良いのかを知る教材。 4.山梨県立リニア見学センター・ふじさんミュージアム・山梨県富士山科学研究所 5.火を使う実験や危険性のある物質を使う実験で安全に実験ができず生徒がけがをしてしまうようなケース。

    返信2020年6月9日 5:25 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.週3単位として1年間を通じて、各分野におよそ同程度の授業時間数…  → およそ同程度? >2.中学生のまとめとして…  → 形式的にはそうだろうけど… >3.音の発生を…  → 「モノ」の意味は? >5.火を使う実験や…安全に実験ができず生徒が…  → ? グループ実験を想定している話

返信2020年6月9日 5:11 PM
アバター

匿名23/

6/9 21219158 細 1.105/35=3から、1週間に3時間の理科の授業があるとして計算された結果。 2.高校受験対策。内容が難しいため最後に学ばせ、理解の度合いが高いまま試験に挑ませる狙い。 3.弦を弾く強さで音の大小が変わることや、その音の大きさは弦の振幅の幅に関係があること、弦の長さ・太さ・張りの強さで振動数は変化し、音の高低が変化する。音の変化の要因と、音波(波)について学ぶためのもの。 4.山梨県立リニア見学センター、山梨県富士山科学研究所、都留市博物館ミュージアム都留 5.器具でのけが人が一気に出てしまうかもしれない。さらに、有害な気体を用いる、または発生させる実験で、一気に行えば換気が間に合わず、その気体を吸い込んでしまうかもしれない。

    返信2020年6月9日 5:17 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.105/35=3から…  → 法的な根拠を示す >2.高校受験対策…  → 本音はそうだろうが、登校日数も少ないからそれだけとも言えない。 >3.弦を弾く強さ…  → 「モノ」とは? >4.…都留市博物館ミュージアム都留…  → 富士吉田にはもっとメジャーな施設がある

返信2020年6月9日 4:57 PM
アバター

23/

6/9 祖 1 35週で教科書を終わらせるには週3回授業を行わねばならず、全体で105時数になるから。 2 中学3年生が終わると義務教育が終わり、大人になる。そのため、自分で環境のことがわかるようになるため。 3 弦を張った箱のことで、弦の太さや長さを調節することで振動を変えることができる。 4 山梨県立リニアモーターカー見学センター   山梨県富士山科学研究所   都留市博物館「ミュージアム都留」 5 水酸化ナトリウム水溶液の入ったビーカーを誤ってこぼしてしまい、人にかけてしまったなど予想外のケース。

    返信2020年6月9日 5:14 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1 35週で教科書を終わらせるには週3回授業を行わねばならず、全体で105時数になるから。  → その根拠となる法令とか… >2 中学3年生が終わると義務教育が終わり、大人になる…  → 信条としては理解できるが… >3 弦を張った…  → 「モノとは? >5 水酸化ナトリウム水溶液の入ったビーカーを誤ってこぼしてしまい…  → 設問はグループ実験のことを想定している

返信2020年6月9日 4:43 PM
アバター

匿名23/

6/9 荒木 1.年間35週で、週に3時間理科の時間があると年間で105時数になる。2.卒業式や受験などあるため、時間調整などに使える時間でもあると思う。単元5の時数を調整することで足りない時間も補える。3.モノコードとは箱に糸がピンと張られているもの。糸の張る強さや、長さ、太さを変えることででる音の高さが変わる。4.山梨県立リニア見学センター、富士山ミュージアム、都留市中央公民館、合同庁舎のところにある観測施設(正式名称わかりませんでした)5.同時にいろんな人が活動していると、薬品を運んでいる人やガラスを持っている人がぶつかったり危険なことが増える。

    返信2020年6月9日 5:07 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.年間35週で、週に3時間理科の時間があると年間で105時数になる。  → 法的な根拠を挙げる >3.モノコードとは…   → 「モノ」とは? >4.都留市中央公民館、合同庁舎のところにある観測施設  → 富士吉田にはたくさんメジャーなところがあるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。