• 教材や実験の開発情報

◇授業研_指導案(細案)_2年「安全爆鳴器」

「動 画」学生模擬授業:演示実験の様子

************************************

<理科学習指導案>  担当:s

日 時  平成34年4月13日(火) 5校時 16:30~18:00

場 所  都留市立文科中学校理科室

生 徒  都留市立文科中学校2年1組29名(男17・女12)

指導者(実習者)  都留文科大学4年 教育実習生  

指導教員 都留市立文科中学校 教 諭  △△△ △△△ 印

  • 題材名 演示実験「安全爆鳴器」
  • 単元観 化学変化について原子や分子のモデルと関連付けながら、観察、実験などを行い、結果を分析、解釈し、物質の変化やその量的な関係を理解することが必要である。
  • 題材の目標 2種類の物質同士が結び付く反応の実験を行い,反応前とは異なる物質が生成することを見いださせる。  
  • 生徒の実態 このクラスでは、少数派である女子はやや積極的に授業に参加するが、教室の後ろ側に集中している男子は私語が多い。実験では男子が積極的で、女子が観察に専念する傾向が見られるが、説明をよくきいてない生徒によって事故が起こることが多い。そこで教室全体に向けてアクションをし、前方に注目させる必要がある。
  • 題材指導計画:第3章酸素がかかわる化学変化p45~51
    • 実験:物が燃える変化:1
    • 実験:金属の酸化と燃焼:2
    • 金属以外の物質の酸化(まとめ):本時1

              以上 計4時限

  • 本時の目標 安全爆鳴器の演示実験を通して、酸化と燃焼に関する総合的な理解を深め、燃焼後に異なる物質になることを再確認する。
  • 本時の展開 (次ページ参照)
  • 準備物等

・爆鳴器:【透明ビニールチューブ(内径18mm×長さ400mm)ゴム栓 クリップ ゴム栓(5号) クリップ2本 ピン4個 チャッカマン ミノムシリード線2本】 定規 油性マーカー 水槽 スタンド ガスボンベ(酸素・水素) 雑巾

  • 参考・引用

・学習指導要領(文科省)

・東京書籍ネット,新編新しい科学年間指導計画作成資料, https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/chu_current/keikaku/rika/index.htm (最終閲覧:2021年3月19日)

【本時の展開】

学習過程 45分学習活動指導上の留意点
提示・導入 10分前時までの想起   板書: 【物質】+【酸素】→【酸化物】   【2Cu】+【O2】→【2CuO】 【2Mg】+【O2】→【2MgO】 (P.48~49) 【】内を空欄にし、一緒に埋めていく   発問:『金属以外のもの、例えば水素が酸素と結びつくとどうなりますか?』 →「爆発する」「消える」「燃える」 p.39~p.42,p.43までの確認  生徒は、板書を見て、黒板の空欄を一緒に埋める。写さなくてよい。 感染症対策として、教科書を忘れた生徒の為に授業前に教科書のコピーを数部用意しておく。 
実験25分  実験のねらい:安全爆鳴器 2種類の物質同士が結び付く反応の実験を行い,反応前とは異なる物質が生成することを目で確かめて理解を深める。   準備と説明 指導者と共に爆鳴器に入れる気体とその通り道の確認。指導者がビニールを水で満たし気体(O2,H2)をそれぞれボンベで注入した、その量のメモリを定規ではかり、確認する。   演示実験 生徒は教団の前に集まり、指導者による爆鳴器の点火で実験を観察する。   4.結果観察 定規を使用し、減った気体の量や割合、増えた水の量を確認する。水が生成されることは事前に伝えておく。 ※教科書を使用し、口頭で済ませる。     2.水で満たされた水槽を含む爆鳴器の準備は授業前に終わらせておく。なるべく気体を無駄にしないよう、量を的確に、慎重に注入する。 注入された気体の量に目を向けさせる。 ※予備実験を事前に行うこと。   3.大きな音がすると点火前に伝える。 ※カウントダウンを取り入れる。  
まとめ 10分実験結果考察・まとめ 使われた気体の比率が反応式と同様であること、もとの気体(H2,O2)が性質の異なる液体(H2O)に変化したことを再認識する。意見を出し合わせ、板書していく。 ※反応式と同じ比率で気体が消費されているという結論にもっていく。

コメント一覧

返信2021年4月20日 3:44 PM
アバター

24/

何かをする前に説明をしっかりと、またゆっくりとして欲しいと思いました。前回の復習の実験物を各班に回している間に復習がどんどん進んでしまっていたので、そこの調節が必要だと思いました。実験内容と結果は良かったとおもいます。

返信2021年4月20日 3:40 PM
アバター

sz24/

大きい音がすることを予告し苦手な人への配慮もよかったと思いました。全体的に話が早くついていけなくなってしまい、本時の内容もあっという間に過ぎてしまったような感じでした。もう少しポイントを明確にしていくと良いのではないかと思いました。

返信2021年4月20日 3:40 PM
アバター

24/

元気がとてもよくて、こちらも楽しく感じました。 しかし、導入と実験に一連の流れがなく、あまりわかりにくかったので、もう少し詳しく説明した方がいいと思いました。

返信2021年4月20日 3:39 PM
アバター

24/

1番学ばせたい実験についての板書をしなければ学んだことが分からないと思う。反応式を書いたり、実験を見て気づいたことを生徒に聞いたりすると良いと思った。

返信2021年4月20日 3:37 PM
アバター

あーお24/

私たちは水を作る実験であることは理解できましたが、実際中学生だったら何が起きるのか理解できないまま実験が始まっていたと思いました。 説明も実験も早かったと思いますし、導入で酸化の話をしていたので理解が難解になると思います。

返信2021年4月20日 3:36 PM
アバター

3班24/

音などがインパクトあって面白かったが、何が起こっているのかを板書をしながら説明した方がより理解できると感じた。どこが大事なのかがよくわからなかったため、反応式などを板書した方が良いと思った。実験が急に始まったため、注目するポイントをしっかり説明してから始めた方が良いと感じた。大きい音が出るよーと配慮していた点は良かった。

返信2021年4月20日 3:35 PM
アバター

24/

なんのための実験か正直わからなかったので、導入も含めもう少し詳しくゆっくり説明してほしかったです。 また、実験した後にどんな反応が起こったのかを黒板に書いた方が分かりやすいと思います。

返信2021年4月20日 3:35 PM
アバター

4班24/

声の大きさが大きく指示が聞き取りやすかった。 白色の水槽を使っていたが、ビニールチューブの下のほうの様子が分からなかったので、透明の水槽を使うとよいと思った。 全体的に板書が少なかったと思う。実験題名、まとめなども板書したほうがよいと思った。

返信2021年4月20日 3:35 PM
アバター

24/

実験をする前にどのような実験なのかもう少し詳しく、ゆっくりと説明してくれると分かりやすかったと思います。実験は音が出て印象に残るもので良かったと思います。

返信2021年4月20日 3:35 PM
アバター

いし24/

インパクトのある授業だった。 視覚でも聴覚でも感じられる実験だった。 なんでマグネシウムを燃やしたのか分からなかった

返信2021年4月20日 3:34 PM
アバター

ai24/

実験の準備ができていてスムーズに演示実験ができていてよかった。実験をしてすぐ終わってしまったので、その後黒板等を使ってしっかりまとめた方が良いと思う。

返信2021年4月20日 3:34 PM
アバター

24/

しっかり準備をしているなとは思った。 電気を暗くしてやったら光っているところがもっとわかりやすくなると思った。

返信2021年4月20日 3:33 PM
アバター

sugi24/

テキパキしているのは良いと思った。今何をやっているのかの説明がもっと欲しいと思った。大学生の私達だから理解出来ても、中学生には何をやっているのか理解しにくいのではないかと思った。板書は出来るだけ消さない方が良いと思った。

返信2021年4月20日 3:32 PM
アバター

24/

気体の酸素と水素が合わさって水になるのが理論的には知っていても、実際に実験で気体から液体に変わっているところを見てとても面白いと思いました。

返信2021年4月20日 3:31 PM
アバター

山ト24/

テンションが高いので、生徒からしたらとっつきやすい授業ではないか、と思う。ただマグネシウムリボンはグループごとに配って、各々で酸化させると、生徒的にも面白いし、よく見ることができて良いのではないかもと感じた。 実験自体は面白かったが、何が起こっているのかが難解で、状況説明をもう少し明確にしてくれると良かったかな、とも。

返信2021年4月20日 3:31 PM
アバター

neo24/

聞きやすかったけど、黒板の字は残して欲しいです

返信2021年4月20日 3:30 PM
アバター

アオキ24/

自分が以前にこの実験をやった時にはもっと大きな音が出たのですが、水素と酸素の量をあえて調節したのでしょうか。もう少し大きな音の方がインパクトがあって良いのではないかと思いました。

返信2021年4月20日 3:29 PM
アバター

sm24/

視覚的に楽しめた。爆鳴器の音量がちょうど良かった。気体が水になったことが分かるように、気体を入れた時に線を引いておいて、その基準線より水位が上がったことを示せると良いと思った。

返信2021年4月20日 3:24 PM
さいえんすヨージ

さいえんすヨージ24/

学習の狙いと実施計画、実際の内容が一致していないところがあった。が、演示実験は難度が高いにもかかわらずチャレンジしたところは評価できる。事前の準備が良好で一回で演示は成功させている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。