• 教材や実験の開発情報

※遠隔授業が途方もなく予想よりも長い期間に渡り、不本意な状況が続いています。いずれ状況が好転することを期待しつつ、引き続き取り組んで下さい。


次の内容は、教科書『中学校学習指導要領解説 理科編 p144-』の第3章「指導計画作成」を要約したものです。内容をすべてを読み込んだ上で、途中に赤文字で記載されている設問1-5に答えなさい。


学習指導要領解説 p114

第3章 指導計画作成と…

〇1 指導計画作成上の配慮事項

(1)主体的・対話的で深い学び…:「対話的な学び」…あらかじめ個人で考え、…科学的な根拠に基づいて議論したりして、自分の考えをより妥当なものにする学習となっているか…。

(2)学校の実態に応じた効果的な…:1学年では105時数…

設問1:この105時数の根拠は何か、50文字以内で説明しなさい。(ヒント:単位数は週単位数 年間35週が基準となっている)

・1単位時間は各学校で定めることもできる

・授業を特定の期間に行うことが可能

・第1・2分野(7):区別することなく一括実施

・教科書3年単元5  地球と私たちの未来のために

設問2:教科書3年だけに単元5が追加されている。自然環境保全や科学技術の進展などの内容となっているが、この分野が中学3年の最後にあてられている理由は何か?学校や生徒の実情を踏まえて、50字以内で述べなさい。(ヒント:中学3年の最後と言えば?)

⑶十分な観察、実験の時間や…: ・2単位時間連続確保 ・発表の機会 ・データを…

⑷日常生活や他教科等との…: ・日常生活や社会で活用…役割を果たしていることに気づかせる。 ・教職員間で相互に連携

⑸障害のある生徒への…: ・インクルーシブ教育システム ・通常学級でも…障害のある生徒が在籍しているということを前提に、全ての… ・学習活動を行う場合に生じる困難さが異なることに留意…

⑹道徳科などとの…: ・道徳的判断や真理を大切に… ・道徳科に活用することが効果的な場合

〇2 内容の取扱いについての配慮事項

(1)科学的に探究する力や態度の育成: ・自ら調べ事実を確認… ・実験操作を工夫 ・自然に直接触れる ・科学的な根拠を踏まえて…

(2)生命の尊重: ・生物の飼育や栽培 ・技術の進歩 ・生態系への配慮 ・解剖…生徒の心情

・自然環境保全 …

⑶言語活動の充実: ・分析解釈する学習活動…考えたり説明したり…思考力、判断力、表現力…

⑷コンピュータや情報通信…: ・学習の質を高める ・有用な道具としての位置づけ

⑸学習の見通しとふりかえり: ・計画的に取り入れ

⑹ものづくりの推進

・1年p159 簡易カメラ  ・1年p165 モノコード

設問3:モノコードとはどのような教材か?その原理を50文字以内で簡単に説明しなさい。(ヒント:1年の物理分野 音 のところで扱っている)

・2年p256 手作りモータ

・2年p71 鉄粉カイロ

⑺継続的な観察: ・定点観測:天気の変化や生物の発生 ・天体観測 ・屋外夜間の動植物の観察…

⑻体験的な学習活動: ・指導計画の工夫 ・環境整備

⑼博物館・科学学習センターなどとの連携: ・地域にある施設の活用

設問4:都留市・富士吉田市に設置されている該当施設を3つ挙げ、その施設の正式名称を答えなさい。

・見学 ・標本資料等の借り受け ・講座

⑽科学技術と日常生活や社会…: ・動力や機械 ・医療 ・防災 ・情報 ・環境問題 ・資源の有効利用 ・職業

p130

〇3 事故防止、薬品などの管理及び廃棄…

3 観察、実験、野外観察の指導の重要性: ・事故を心配する余り、観察実験を行わずに… ・危険を認識し回避する力を養う

(1)事故の防止について

ア 指導計画などの検討:生徒の習熟度を掌握し無理のないような…

イ 生徒の実態の把握、連絡網の整備:注意していても事故は起こる…

ウ 予備実験と危険要素の検討:すべてのグループが同時に実験 → 危険性の増大

設問5:危険性の増大とは、どのようなケースを想定しているのか?具体的な例を挙げて50文字以内で説明しなさい。(ヒント:特に化学実験で想定される事故)

エ 点検と安全指導:もっとも多い事故 →ガラス器具によるケガ 教師への報告

オ 理科室内の環境整備:救急箱・防火対策・換気…特にアンモニア・硫化水素・塩素などの気体

カ 服装・保護眼鏡:機能的な服装…髪・靴・常に保護眼鏡を着用

キ 応急処置と対応: 薬品が目に → 流水洗眼  火傷 → 冷水で冷やす

※ 医療機関・保護者

ク 野外観察:事前のルート確認…天気天候…避難場所…虫…日差し…

  • 薬品などの管理について:消防法・火薬類取締法・高圧ガス保安法・毒物及び劇物取締法…
  • 廃棄物の処理について:…環境保全関係の法律に従って…重金属イオン…マイクロスケールの実験…

付 録

p138

学校教育法施行規則(抄)

p138

附則

別表第二

理科 105 140 140

総授業時数 1050 一単位時間50分 総授業数/35週=週時数

p150

理科:項目を確認したい場合や指導案作成時には参考になる。


◇遠隔授業としての指示:設問1-5の回答をこの下のコメント欄に直接記入しなさい。出席確認機能も兼ねているので、可能な限り各授業時間内に考えをまとめて回答すること。最初に「6/9・氏名」をわかるように記載のこと。(授業開始直後から受付、コメント返信、名前をぼかして公開予定。)


コメント一覧

返信2020年6月9日 4:05 PM
アバター

匿名23/

6/9 口 1.1週間に5単位、1年間を35週想定しているため。 2.中学3年生は高校受験などを控えているため、自然環境保全や科学技術の進展などの内容をするように表向きでは単位が追加されている。 3.糸の太さ、長さ、張力を変化させ、音の高さを変えられる教材。 4.富士山科学研究所、リニア見学センター、富士山レーダードーム館 5.最近では鉄と硫黄の実験で発生する硫化水素によって体調不良を訴える事故があった。 さっきは3限だと思い込み、間違ってコメントしてしまいました。

    返信2020年6月9日 4:33 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.1週間に5単位…  → 一年は3単位 >2.中学3年生は高校受験などを控えているため…  → 本音はそういう面もあるだろうが… >、3.糸の太さ…  → モノコードの「モノ」とは?

返信2020年6月9日 4:04 PM
アバター

23/

6/9・芦 1.週に3時間行うということ。 2.学習してきた理科の見方・考え方を働かせて自然環境や科学技術、地球についての問題を考えて欲しいから。 3.弦の長さや張りを変えることができ、弦の振動による音の大きさや高さを調べられる教材。 4.・山梨県富士山科学研究所 ・ふじさんミュージアム ・富士山レーダードーム館 5.具体的には使用する薬品の濃度が高かったり量が多すぎたりして有毒な期待が多量に発生するケース。

    返信2020年6月9日 4:31 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.週に3時間行う  → 法的な根拠を挙げる >2.学習してきた理科の見方・考え方を働かせて自然環境や科学技術、地球についての問題を考えて…  → 重要な指摘ではある  >5.…使用する薬品の濃度が高かったり量が多すぎたりして…  → 試薬量に加え、生徒の行動面での困難さが増大するという点にも着目

返信2020年6月9日 4:01 PM
アバター

23/

6/19 濵 1.週あたりの理科の授業時数が第一学年では3時間のため、3*35=105(時間) 2.高校受験に影響が出るのを防ぐため。3年の最後の単元に設定しておくことで受験問題に出ず、最悪学習しなくても良いようになっていると考えられる。 3. 1本の弦を張られた器具。中学理科では弦の振動と音の大きさ、高さの関係を調べるのに用いられる。 4. 山梨県環境科学研究所 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1  山梨県立リニア見学センター 山梨県都留市小形山2381  昭和大学薬用植物園 山梨県富士吉田市上吉田4562 5.だ液の性質を確かめる実験で、ベネジクト液を加えた試験管を加熱する行程では突沸の危険性があるが、同時に実験する場合突沸を起こすグループが同時多発的に出る危険性が考えられる。

    返信2020年6月9日 4:28 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.週あたりの理科の授業時数が第一学年では3時間…  → 法的根拠がある >2.…最悪学習しなくても良いように…  → 本音はそうかもしれない 調整期間に使える >1本の弦を…  → だから「モノ」 >4 昭和大学薬用植物園…  → マイナーだが、希少植物があるとか >5.だ液の性質…突沸を起こすグループが同時多発的に出る危険性が…  → 確かにそういうこともあった

返信2020年6月9日 3:59 PM
アバター

吉有23/

6/9 吉 1.時間数が105時間の根拠は学校教育法施行規則の別表第2(第73章)に書かれている通りに定められているから。 2.中学3年生の後半には高校受験が控えているので、理解が不十分の試験範囲を学ぶ時間にもあてられるため。 3.モノコードとは一本の弦を張り、その振動を利用して音程を計測し音の高さを学ぶ楽器のこと。 4.山梨県立リニア見学センター、山梨県富士山科学研究所、ふじさんミュージアム 5.鉄と硫黄の混合物を加熱して硫化鉄を作り、塩酸を加える実験。混合物の加熱では二酸化炭素、塩酸を加えると硫化水素が発生。どちらも有毒で高濃度だと命に関わる。

    返信2020年6月9日 4:24 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.時間数が105時間の根拠は学校教育法施行規則の別表…  → 1年の理科は3単位ということで >2.…理解が不十分の試験範囲を学ぶ時間にもあてられるた…  → 登校回数自体も少ないので、あくまで調整期間か? >3.…一本の弦を張り…  → だから「モノ」 >5.…有毒で高濃度だと…  → 試薬量もそうだが、生徒の行動面にも着目

返信2020年6月9日 3:45 PM
アバター

匿名23/

6/9 村 設問1 学習範囲を考えた場合、適切な学習時間が1週間あたり3時間(105÷35)であると考えられるため 設問2 3学期末には学生が受験するため、よく出る試験範囲の学習を早く終わらせなくてはならないから 設問3 弦が張ってあり、弦の長さを調節できる音が出る教材。音の大きさと高さの関係を調べるために使う。 設問4 山梨県富士山科学研究所 環境省自然環境局生物多様性センター 富士山レーダードーム館 設問5 試薬が目に入ったり器具が破損し怪我をしたなどの問題が複数班で同時に起こり対応しきれなくなること。

    返信2020年6月9日 4:21 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >設問1 …学習範囲を考えた場合、適切な学習時間が…  → もともとの法的な根拠があるという話 >設問3 …音の大きさと高さの関係を調べるため…  → モノコードの「モノ」とは? >設問4 …環境省自然環境局生物多様性センター・・・・  → 以外と知られていない >問5 試薬が目に入ったり器具が破損…  → 意外とそっちの方が大きな問題だったりする

返信2020年6月9日 3:42 PM
アバター

23/

6/9 佐 1、年間35週を基準とすると、週あたり3単位時間授業を行えば年間で計105単位時間となる。 2、中学3年最後には高校受験があるため、受験のために欠席する生徒が増えること、またそれまでの内容が終わらずずれ込むことを想定し、単元5が追加されているのではないか。 3、弦を張り、はじくと音が出るようにしたもの。駒の位置を動かせるようにしてあり、それによって音高を変えることができる。 4、山梨県立リニア見学センター、山梨県富士山科学研究所、富士山レーダードーム館 5、すべてのグループが同時に実験を行うとはいえ、グループごとに進度のばらつきが出てくる。すると、立って作業していたり、座って記録作業に入っていたりと、グループ間で姿勢が異なる生徒が混在することになる。そこで万が一薬品をこぼしたり、器具を倒したりしてしまった場合、該当する班が無事だったとしても隣の班へ危害が及ぶ可能性がある。また隣の班の状況が把握できているわけではないので、とっさの回避行動がとれず、被害を被ることもありうる。

    返信2020年6月9日 4:16 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1、年間35週を基準とすると、週あたり3単位時間授業を行えば年間で計105…  → 実は年間35週の根拠もある >2、…またそれまでの内容が終わらずずれ込むことを想定し…  → 調整期間という実態がある >3、弦を張り、はじくと音が出るようにしたも…  → モノコードのモノとは? >5、…グループごとに進度のばらつき…とっさの回避行動がとれず…  → 生徒の行動面に着目した指摘としては適切

返信2020年6月9日 3:40 PM
アバター

匿名23/

6/9 秋 1.1年は35週が基準であり、理科は週の授業時数が3であるため年間では105時数となる。 2.単元5は受験には出ない。そのため受験に向けて授業調整用に3年にこの分野が当てられているのだと考える。 3.1本の弦を張ったもので、音の大きさ、高さを弦の長さ、張り方、太さで変えることが出来る。 4.山梨県リニア見学センター、富士山レーダードーム館 5.不意の水素爆発や不適切な濃度の薬品使用による反応の激化など教員側の指導力不足による危険性増大のケース。

    返信2020年6月9日 4:12 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1年は35週が基準であり、理科は週の授業時数が3であるため年間では105時数となる。 >2.単元5は受験には出ない…  → はっきりと出ないとは言い切れず、関連して出題されることはある…という程度だが。 >4.山梨県リニア見学センター、富士山レーダードーム館  → もうひとつ! >5.不意の水素爆発や不適切な濃度の薬品使用による反応の激化…  → 単純に、実験グループが増えれば扱う試薬量なども多くなるという話。

返信2020年6月9日 3:31 PM
アバター

hatake23/

6/9畑 1. 一週間(3時間)×35週 2. 授業時間が足りなくなったり、受験に向けて勉強しないといけないため、テストに出ない分野を作り受験勉強させるようにした。 3. モノコードとは1本の弦を張った道具であり、弦の張り具合や長さを調節して音と弦のついての関係を調べることが出来る道具である。 4. 「ミュージアム都留」「富士山レーダードーム館」「山梨県立リニア見学センター」 5. 薬品の濃度が濃すぎて一気に反応してしまい有毒な気体が生成される可能性がある。

    返信2020年6月9日 4:08 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.一週間(3時間)×35週… → 年間35週が基準ということ >2.授業時間が足りなくなったり、受験に向けて勉強しないといけない…  → 調整が可能期間という考えもあるのだろう >3.モノ。 4. 「ミュージアム都留」「富士山レーダードーム館」「山梨県立リニア見学センター」 >5.薬品の濃度が濃すぎて一気に反応してしまい有毒な気体が…  → 濃すぎて、というよりも、実験グループ全体であつかう量そのものが多くなるということ。

さいえんすヨージ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。