• 教材や実験の開発情報

化学基礎実験_実験NOTE

「動 画」実践記録:缶切りの操作~点火

「動 画」理科教育法での演示実験190625:危険なのでマネしないで下さい。

No.2    解説のみ

「表 題」

取り扱いに注意を要する可燃性物質②エタノールの燃焼実験

「目 的」

空き缶にエタノールを入れて点火すると、その量が少量であっても激しい燃焼反応が起こりやすい理由を考える。

「概 説」

  1. エタノールの燃焼:エタノールやガスバーナーへの点火も、ただ単に燃料成分に点火してもメラメラと燃えるだけである。エタノールが完全燃焼するときの化学反応式は次の通り。
  2. この反応式は1molのエタノールが3 molの酸素と反応して、2 molの二酸化炭素、3 molの水(ほぼ液体)が生成することになる。
  3. 燃焼範囲:実際の化学反応では、空気中の酸素が利用されることや大量の熱が生じること、生成物の性質など、もう少し複雑な要素も絡んでくる。エタノールの蒸発燃焼が可能な燃焼範囲は3~[ 19.0  ]%であり、水素やアセチレンと比較するとその範囲は狭いため、可燃性物質としてはやや扱いやすい部類に属する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。