• 教材や実験の開発情報

水面に浮かせた燃えるキャンドルにビーカーかぶせると炎は小さくなって消える…と、同時に水面が上がってくるというもの。主に、空気中の成分(酸素)が消費されるということを意識させることを目的とした演示実験。

見やすくするために絵の具で着色してあります。また、ビーカーを用いる場合にテープを貼るのは、ビーカーの注ぎ口から先に空気が入ってしまうのを防ぐためのものです。学習の狙いとしては、空気中には一定量の酸素が存在し、ロウの成分であるパラフィンの燃焼によって酸素が消費された…ということを認識させることです。しかし、細かいことをいうと、実際には、燃焼による反応熱が大きく、体積膨張の影響が一定時間継続するのと、生成した二酸化炭素が水に溶解するとか、浮かせているロウソクの浮力の影響などもあります。なので、どれだけ水位が上がるかを正確に求めることは、なかなか難しいです。ただ、シンプルではあっても、そういったいろいろな科学的な要素があるということを意識させる良い演示実験にはなりうると思います。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。