• 教材や実験の開発情報

銀インクで回路を描く_ちょこっとアート

LEDが光る:東京駅メディアテクで、銀インクポストカードを購入しました。銀インクで電子回路をプリントするという工業アイディアの延長で、理科教材はもちろん、一般の人も楽しめる文具としてリリースされたものです。 数年前に実際 …

続きを読む


人工心肺_工作

PETと風船を用いた簡単工作:肺の機能を学ぶ実験教材の作り方を紹介しています。 横隔膜に見立てた風船を下に引っ張ると、ボトル内部の圧力が低下するので、外部から肺に見立てた2つの風船内部に空気が入り込みます。反対に、ボトル …

続きを読む


お札が磁石反応する?

紙幣の図柄のプリントに用いられているインクに鉄分(など)が含まれているため、強力なネオジム磁石を近づけると引き寄せされるというもの。 1000円・5000円・10000円紙幣ともに、みごとに磁石に反応しました。特に、額面 …

続きを読む


ダニが見える:ダニチーズ

知人からお土産に頂いたダニチーズ!肉眼でもダニがうごめいているのがわかります。ダニの活動による発酵でおいしいチーズができるそうで、もちろん安全、高級食材でもあるとのこと。 ダニとはさすがによくない印象もありますが、実際に …

続きを読む


簡単なモータを作る

エナメル線・クリップ・磁石・乾電池を用いて作る、最もシンプルなタイプのコイルモータ―。エナメル線中に電流が流れると磁界が生じ、磁石がつくる固定されている磁界との反発で電磁力が生まれるというもの。エナメル線の片方の先端を半 …

続きを読む


発光エコアクセサリーをつくる

生分解性プラスティックとして知られるポリ乳酸樹脂を素材に、先進の蓄光剤を加えたよく光るアクセサリー作り。バッグに付ければ夕方下校時刻でもよく目立つ。エコロジー、先進技術の蓄光材、交通安全という3つの要素を備えた実験工作! …

続きを読む


浮沈子で魚釣りゲーム

PETボトル、しょうゆダレ容器(魚形)で浮沈子(ふちんし)を作りました。最初は、浮沈子はペットボトルの上のほうに浮いていますが、ぎゅっと握ると下の方に移動して沈んでしまいます。 物体が液体に対して浮いたり沈んだりする場合 …

続きを読む


高分子吸収ビーズによる屈折説明モデル

透明高分子吸収ビーズを水に浸けると、水と空気層との境界が見えなくなります。 光は屈折率の異なる物質中を進むときに境界で向きを変え、屈折と同時に反射が起こります。水にいれると光がほとんど屈折せず、反射も起こらなくなるのです …

続きを読む


マッチでちょっとしたイタズラを!

マッチなどというツールは、すでに古典の世界に分類されてもおかしくないほど教材としては「過去の遺物?」の印象があります。が、しかしちょいと工夫してみたところ…。これは、その昔、西部劇でカウボーイが靴底でマッチをかっこよく擦 …

続きを読む