• 教材や実験の開発情報

オランダの涙

歴史的に不思議なガラスとして知られています。ガラスを溶かして急冷するとものすごい硬いガラスとなりますが、端を折るだけで破裂し粉々になってしまうというものです。 「動 画」解説付き 「動 画」作り方:ガラスをあぶって溶かす …

続きを読む


カルメ焼き

最も人気のある定番実験のひとつですが、操作難度が高く成功率は意外なほど低いようです。上手に焼き上げるポイントを解説します。 「動画1」ザラメを用いて 「動画2」重曹のタネを入れるタイミングを詳しく 「動画3」イベントでの …

続きを読む


分光器を作る

CDと工作用紙を用いて、簡単な分光器を作成します。 「動 画」工作ガイド ▽学生による詳細な説明→VCPteam’s blog 「参考設計図」

続きを読む


不思議な振動反応:BZ反応

色の変化が繰り返し起こる不思議:水溶液が青色になったり赤褐色になったりが数秒間隔で繰り返されます。化学反応というと一方的な変化をイメージしがちですが、生体レベルで考えると自然な反応パターンです。確かに色変化がまるで生き物 …

続きを読む


寒天で型取りキャンドルを作る

寒天を溶かして冷えて固まる際に、トウモロコシなどの野菜を入れて型を取ります。そこにろうそくを溶かし込んで固めると、しゃれたオリジナルキャンドルのできあがり。見かけは野菜そのものですが、点灯すれば立派なキャンドルとして使用 …

続きを読む


サザエ・アワビを真珠に!

サザエやアワビの貝殻を酸で処理すると、真珠のような光沢層が現れます。 「動 画」操作解説編 「動 画」アクセサリーつくり編 サザエやアワビの貝殻の内部には、炭酸カルシウムの結晶と微量のタンパク質が積み重なった層状の組織「 …

続きを読む


紫キャベツでカラフル麺

中華麺をムラサキキャベツ色素に浸けると、麺が緑色になります。麺類に含まれる『かんすい』が塩基性を示すからです。紫キャベツ色素は、pHによって色があざやかに変化しますから、酸性(冷やし麺で酢が使われていたり)液を用いるなど …

続きを読む


風船を使った状態変化説明モデル

フラスコ内の水が温められて体積が膨張~冷却されると収縮する様子を風船を使って説明する実験モデル。シンプルな仕組みですが、風船が膨らんだり、中に引き込まれたり、気体の占める体積が連続的に変化する様子がよくわかります。 「動 …

続きを読む


紫キャベツ色素でレインボータワー

紫キャベツ色素を用いて虹色のタワーをつくります。下方に炭酸ナトリウム、上方から希塩酸を滴下すると、アルカリ性と酸性のせめぎ合いによって、カラフルなグラデーションが観察されるというものです。 一般的に水溶液中の成分の熱運動 …

続きを読む