• 教材や実験の開発情報

セッコウで模擬火山

セッコウと重曹、PVAを用いての模擬火山。粘りけを調整することで噴出の様子の違いを示すことができます。材料を混ぜ合わせるとすぐに発泡が始まるので、手際よく操作することが必要です。 〇アルミホイルや新聞紙で型を取れば、紙粘 …

続きを読む


炭酸バブルで浮き沈み

炭酸水にブドウやマーブルチョコを入れると浮き沈みを繰り返します。水溶液中から発生してきた二酸化炭素が、ブドウ等の表面に付着し、浮力が大きくなると上昇してきます。ところが、水面にまで達すると表面の泡が離れやすくなるので、今 …

続きを読む


煙中でエタノール燃焼

エタノール蒸気中に煙を充満させ火をつけると、上の方から炎が下りていくように燃焼していく様子が観察されます。燃焼後は、煙が消え去りペットボトル内がクリアになるというもの。 「動 画」学生による演示 大きなボトルを用いると、 …

続きを読む


小さな雷を起こす_落雷観察

カチッと一発、放電によって簡単に火を起こす便利なライターがありますね。放電を起こす圧電素子には、ある種の結晶の性質が利用されています。この素子を用いて、紙の疑似平面で人工のミニ雷を起こしてみることにしました。 「動 画」 …

続きを読む


こすると光る石

石を重ね合わせてこすると、触れている部分でオレンジ色の発光が観察されるというものです。付近の空気中の窒素分子が励起されてプラスマ状態が生じているらしいです。 力学的な摩擦によるエネルギーが熱とともに、石付近の空気中の窒素 …

続きを読む


アルケンの反応:臭素付加

アルケンであるシクロヘキセンに臭素水を反応させると、茶褐色透明液が無色透明になります。これは、シクロヘキセン分子内の二重結合に臭素が付加することによります。 「動 画」臭素水にシクロヘキセンを加える 一般に二重結合を持つ …

続きを読む


乾電池で鉄が燃える?

乾電池をスチールウールに押しつけると、いきなりオレンジ色の炎が出て燃え始めます。大きな炎が出るわけではないですが、少しずつ全体に伝播していきます。派手さはないですが、線香花火のような味わいのある化学反応です。 スチールウ …

続きを読む


電子レンジで…豆電球発光~ホイル浮上

電子レンジを用いての簡単な演示実験:レンジ内部には大きなコイルがあって、電気を流すと電磁誘導によって豆電球が光ったり、アルミホイルが浮上するというものです。 電磁誘導によって豆電球の導線内の金属の電子が振動し、実際に電流 …

続きを読む


クスノキからショウノウを蒸留!

クスノキの葉から香気成分である「ショウノウ」を水蒸気蒸留により得ることができます。ショウノウ(樟脳)は、クス(楠)から得られる成分で、古くからタンスの防虫剤などにも使われてきました。自然素材の防虫効果があるということで、 …

続きを読む