• 教材や実験の開発情報

新着情報

シュリーレン現象

お茶パックにコーヒシュガーを入れて水に浸けます。横から観察すると、コーヒーシュガーが少しずつ溶けて、かげろうのようなもやもやが観察できます。背景やライトを使って工夫するともっとよく見えるようになるでしょう。 水に溶解する …

続きを読む
No Image

単極モータ_模擬授業

〈指導案:2年 単元4「電流と磁界」(新教科書)p.278 – 281〉 M 【本時の展開】 学習過程 全50分 学習活動 指導上の留意点 導入 3分 1. 前回までの復習と本時の内容の確認をする。 ・電流を流すと磁界が …

続きを読む

エタノールの取り扱い注意

エタノールの引火・燃焼・爆発事故が数多く報告されています。実験中のつぎ足しやボトル転倒、車中での除菌スプレー使用後に火気を使用したなどいろいろなケースが報告されています。 「動 画」エタノールをつぎ足して引火_学生による …

続きを読む

マッチ棒が動く?

マッチ棒5本それぞれ折り曲げます。落り曲げた部分で接点を作りそこに水を滴下すると、マッチ棒が動きはじめて星形になるというもの。 マッチ棒を構成する繊維質に水が入り込むと膨潤します。むりやり折り曲げられていた部分が膨潤して …

続きを読む

化石のレプリカをつくる

化石のシリコン型をつくり、セッコウを流し込んで三葉虫やアンモナイトのレプリカをつくります。 「動 画」操作ガイド 型取り剤には市販のパジコ(2000円程度)のものを用いました。2種類の型取り剤があって、それを混ぜ込んで化 …

続きを読む

簡易カメラの工作

レンズとトレーシングペーパー、工作用紙を用いて簡易カメラを作ります。昔懐かしい理科工作ですが、レンズには扱いやすく安価なプラスティック製シートレンズ(フレネルレンズ)を使ってみました。機能としてはまったく問題なく、むしろ …

続きを読む

ストームグラスをつくる

天候(気温や気圧)によって結晶の様子が微妙に変化します。かつて気象判断に用いられたという古典的な科学教材。 「画 像」ガラスビン(左)を用いたストームグラス 成分構成は…ショウノウ 5.0 g 硝酸カリウム1.3 g 塩 …

続きを読む

ショウノウ(樟脳)を用いて

ショウノウは、古くからタンスの防虫剤として使われてきたことで知られる成分です。天然には、クスノキ(楠)の葉に香気成分として存在しているもので、自然素材への関心が高まり、最近は需要が復活しているとのこと。 「動 画」懐かし …

続きを読む

ルミノール反応

化学変化に伴い発生するエネルギーが光として放出される現象です。反応の前後でほとんど熱の出入りを伴わないので、冷光と呼ばれることもあります。特に、自然界には体内で化学変化を起こして発光する生物もたくさん存在していて、昆虫の …

続きを読む