UA-119493607-1 煙中でエタノール燃焼 | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

エタノール蒸気中に煙を充満させ火をつけると、上の方から炎が下りていくように燃焼します。燃焼後は、煙が消え去りペットボトル内がクリアになるというもの。

大きなボトルを用いると、むしろ燃焼のスピードが落ちて、炎のラインがゆっくり下がってくるのが観察されるようです。煙の粒子が燃焼核になるという説もありますが、燃焼反応の速度にどれだけ影響するかはわかりません。燃焼後にボトル内の煙がきれいに消え去るのですが、映像ではとらえにくく、いずれ再実験したいと考えています。なお、ペットボトルは軽く倒れやすいので、スタンド等で固定する方が安全です。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です