UA-119493607-1 液体のカラー三層ボトルを作る | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

ガラスびん中にお互いに溶け合わない液体の三層をつくります。下層はジクロロメタンで青色の油性サインペンで着色、中層は水に赤い食紅、上層はサラダ油ですが少し黄色をしているのでそのまま用いています。

中央層に極性のある水、上下に極性の小さい油性の物質を配置したものです。ただし、同じ油性の物質でも、密度の大きなサラダオイルは上層に、大きなジクロロメタンは下層にということになります。シンプルな教材ですが、見栄えはなかなかたいしたものです。しかし、激しく振ると混ざってドレッシングのようになってしまうので注意しましょう。また、よく紹介されている、液面に浮遊物(ヨットやビーチボールなどのアイテム)を入れる工夫もありますので、いろいろチャレンジしてみると良いでしょう。なお、有機溶剤のジクロロメタンの取り扱いには注意が必要です。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。