UA-119493607-1 松かさを炭にする | らくらく理科教室
  • 都留文科大学の理科教育

松かさを炭化させてみました。かなり匂いがあとに残るのであまりお勧めの実験ではありませんが、炭化した松かさをまた別の実験で用いるため仕方なくトライしました。加熱、燃焼によって二酸化炭素と水を生成する物質を有機物といいますが、酸素を遮断して強熱すると水分と可燃性気体が抜け、炭化したものだけが残ることがあります。これを特に乾留といいます。松かさを空き缶に入れて空き缶に入れて強熱したところ、数分で真っ黒な炭となりました。アルミホイルのふたにピンホールを空けておき、ライターの火を近づけると燃えるので、可燃性ガスが発生していることもわかります。実験では、十分な換気が必要です。

*****

理科教育法「1年 化学」p84-5有機物と無機物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です