UA-119493607-1 バタフライピーを使って | らくらく理科教室
  • 都留文科大学の理科教育

教科書では紫キャベツの抽出液を用いたものが多く紹介されていますが、このバタフライピーは濃い色素が得られるのでより扱いやすい素材だと思います。比較的低温でも色素が容易に抽出され、レモンを入れると赤紫色への変化がはっきりと観察できました。色の変わるハーブティーとしてブームになってたようで、モスバーガーでキャンペーンもやっていました。

*****

理科教育法「3年化学」ムラサキキャベツのしるで…p43


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です