UA-119493607-1 氷に引き込まれる硬貨 | らくらく理科教室
  • 都留文科大学の理科教育

「実験概要」10円硬貨を氷に触れさせると、溶ける速度がいきなり上がります。

「学習項目」三態の変化 溶解 熱伝導

「動 画」溶け方が早いのに驚く

「観 察」
氷(固体)→水(液体)の相の変化ですが、単に熱伝導が良いことと、金属の接触面で圧力が加わることも影響があると思われます。同類の実験で、針金に重しをつけて氷に引っかけておくと次第に針金が氷に引き込まれて、通過後はまた氷が復旧するというものがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です