UA-119493607-1 レーザー光が水流に合わせて進む | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

ペットボトルに空けた穴から流れ落ちる水の中をレーザー光が進んでいきます。水流は曲がって落ちていきますが、その曲がりに合わせて光が屈折を繰り返しているのが観察できます。

水流中の光は、空気層との境界で全反射するので、空気の外には出ないわけです。なので、水の中を進んでいくことになります。基本、光ファイバーと同様の原理ですが、水に不純物が多いと、光の減衰も激しいようです。水に少量のコロイド粒子を含ませて、チンダル現象の説明と合わせて演示するのも有効でしょう。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。