UA-119493607-1 炭電池を作る | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

備長炭とアルミホイルを用いて電池をつくります。炭内部の微細構造に吸着されている酸素と電解液である塩化ナトリウムの存在も重要です。不要となったアルミニウムが電子の供給源になることの意味についても考える機会とします。

「動 画」実践記録:アルミホイルが消費しきるまで数時間は回り続ける。

「動画2」電池特性を測定してみた。ぎゅっと握ればなんとか特性曲線が確認できる。

「動画3」備長炭をお湯にいれたら泡がたくさん発生してきた。たくさんの空気を吸収していることがわかる。

 

「解 説」

1.  アルミニウムが電子の供給源:アルミホイルはもちろん、缶、一円硬貨、サッシ、タイヤのホイル、食器、航空機の本体まで、身近にはアルミ製品があふれています。しかし、原料のボーキサイトのほとんど海外に依存し、輸入したものを電気分解することで単体のアルミニウムを得ているのが現状です。さらに加工して製品の体を成すまでには、大変なエネルギーを要している材料なのです。アルミ缶1個を作るのに、テレビ数時間をつける電気を消費すると言われ、電気の缶詰と呼ばれるのもうなずけます。アルミ缶がリサイクルの優等生とされることとも関係が深いのです。例えば、

アルミニウム1 mol 27 gのすべてから得られる電子の量はその3倍mol。(1 molの電子e– は、96500 Cに相当)   Al  → Al3+ + 3e

なお、回路に流れた電気量Q Cは、電流の大きさI Aと時間t s の積で表すことができます。また、流れた電気がする仕事W Jは、電力P Wと時間t sの積です。仮にアルミ缶1個を作るのに40 Wの電球を10時間点灯できると聞けば、いかに大量の電気が使われているのかを実感することができます。おにぎりを包むアルミホイルを捨てるのも惜しくなってくるに違いありません。

電気量:Q=It〔C〕   仕事量:W=Pt=VIt〔J〕

2.  炭は優れた電極:炭の主成分は、ほぼ単体と考えて良く、金属でなくても導電性を示す物質です。この電池の場合、炭が正極として、アルミホイル側から供給された電子を酸素に渡し、水酸化物イオンになるのを助ける働きをしています。また、炭は、熱によって植物体から水分子が除かれたもので、細胞の形がある程度保持されたまま細かい空間(多孔質体)を作るので、炭の内部に酸素が吸着されやすくなっています。特に、備長炭は酸素の吸着度が高く…

…省略…

負極:Al  → Al3+ + 3e  ・・・①    電子を放出する側

正極:O2 + 2H2O + 4e → 4OH ・・・②  電子を受け取る側

両方の電極での反応を①+②としてひとまとめにすると…

4Al + 3O2 + 6H2O  → 4Al(OH)3

反応後の炭電極側のペーパー部分で、フェノールフタレインが赤紫色を呈するのは、正極に生成する水酸化物イオンによるものです。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。

  


コメント一覧

返信2020年5月11日 11:40 PM
アバター

匿名25/

5/5 田 1.Al 27g/molなので13.5gのアルミホイルは0.5molである。 Al  → Al3+ + 3e–  より、3/2e– が得られる。1molの電子(e–)は96500〔C〕に相当するため 3/2 × 96500〔C〕=144750〔C〕 2.炭は伝導体の性質と細胞内の水分が抜けたことにより、多くの酸素を含んでいる性質をもつ。また、アルミホイルの反応で得られた電子を酸素に運び、水酸化物イオンの生成を助けている。

返信2020年5月10日 10:25 PM
アバター

吉有25/

5/5 吉 1.アルミニウム1mol27gの電子は96500c相当であるので、13.5gのアルミ缶の電子は比より、下記のように考えることができる。(xを今回求める電気エネルギ―とする)    27:96500=13.5:x         x=48250(c)           よって13.5gのアルミ缶から得られる電気エネルギーは48250cとなる。 2.今回の反応はアルミニウムから放出される電子と、酸素の反応である。また備長炭は酸素を吸収しやすく、金属ではないが伝導性を持つ。よってこの実験においての備長炭はアルミニウムからの電子を、自身が吸収した酸素へと受け渡す働きをしていると考えることができる。

返信2020年5月10日 10:03 AM
アバター

25/

5/5畑 13.5/26.98=0.5 0.5×9.65×10⁴=4.82×10⁴ 4.82×10⁴〔C〕 備長炭電池における炭が果たした役割は、正極での電極としての役割であり、電子と酸素の配給である。また、他の炭では行えないのは電気をあまり通さず、炭自体に含まれている酸素の量が少ないためである。

返信2020年5月10日 4:13 AM
アバター

匿名24/

5/5・秋 1.アルミニウムは1molで27g。13.5gの時0.5mol。 1molの電子は96500 Cという電気量に相当するため、電気エネルギーは48250 C。 2.酸素を吸着させる役割。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。