• 教材や実験の開発情報

「化学基礎実験A・B  オリエンテーション」 番号無し文字のみ

担当  山田 暢司(ようじ) (2Fに常駐)


  • 重要:遅刻厳禁・余裕をもって出席のこと。遅れて来て、どこ座る、白衣忘れた、前の週に欠席してそのままプリント未提出…的な個人的なやりとりをしている時間はない。特に、実験操作を理解せず、進行途中に割り込んでいきなり手を出してケガ・事故は避けたい。
  • 実験に取り組むにあたって
  • 重視したい点
  • 中学・高校で履修する題材が多く含まれているが、教育現場における指導者としての立場で取り組むこと。
  • 実験に必要な知識・理論を整理し、その狙いを踏まえ必要な器具や試薬の取り扱いに習熟する。また、安全に配慮しながら観察や記録に重点を置いた「実験スキルアップ」の機会とすること。
  • 出席管理・成績
  • 教 室:S4化学実験室
  • 時間厳守:概要説明後に途中から実験に参加・合流は危険であり、事故を招くおそれがある。他の学生が混乱し、迷惑でもある。実験に関しては「遅刻でも受講しないよりマシ」という考え方はない。
  • 欠席の扱い:2時限連続実施のため、1回の欠席の影響が大きい。(実験を欠席した場合でも、すべての実験NOTE・指定レポート提出は必須) 実験操作に関わること自体が授業の主目的でもあるので、複数回の欠席での単位認定はかなり厳しいと考えて欲しい。(※教育実習などの公的な理由がある場合は配慮するが、事前に申し出ること。)
  • 成績:実験への取り組み+実験NOTE+提出レポートを総合的に判断
  • 再履修者は事前に申し出ること。
  • 準備物・服装など
  • 参考書:『フォトサイエンス化学図録』(数研出版)など、同等の資料集であればよい。
  • 服装:白衣着用(大きめのタオルも)

×かかとが高いとか地肌が広く出る靴

×長髪

  • 安全対策

・保護眼鏡必須;度の入っていない100円ショップ製品でも可。普段眼鏡(×コンタクト)をかけている人はそのままでもかまわない。ただし、プラスティックレンズは熱や有機溶剤に弱いので注意。

・有機溶剤アレルギーなど体質的に心配な者は事前に申し出る。

  • その他:実験観察や記録のためのカメラ等使用を推奨。ただし、実験の協力体制を確認し、取り扱いに注意すること。
  • 実験班編成
  • 班単位での編成は指示する。
  • 作業分担については相談し合うこと。
  • 実験NOTEの扱い:事前配布するプリント集
    • 1~12回の実験テーマから、書き込みや観察などにより構成されている。1回の授業日に複数の実験テーマを実施の場合もある。
    • 授業の終了までに完成させて提出。→重ねてホチキスで仮留め → 次回返却後、ファイルに綴じておく。
  • 様式指定レポート作成・提出について
    • 実験テーマのうち、特に「様式指定レポート」にしたものがある。卒業研究論文作成のための一定のスタンダードな形式(※詳細はあとで指示する)にまとめる。(他の実験NOTEとは区別して扱う)
    • 該当の実験テーマ、その様式や提出期限等について、あらためて指示する。
  • 実施実験テーマ:予定では12テーマの実験を順次実施していく。ただし、器具や材料の関係、順序変更や内容が差し替えになる場合もある。
    • 基本操作:試薬の秤量、加熱操作・溶解・試薬の廃棄など・可燃性気体と液体の取り扱い:熱分解性物質やエタノールの燃焼と爆発
    • 実験教材の工夫:炎色反応を用いて~バイルシュタイン反応・電気器具の取り扱い:イオンからなる物質の性質を調べる
    • 劇薬(強塩基など)の取り扱い:糖類の酸化還元反応
    • 化学反応式と物質量の関係:気体の状態方程式~デュマ法による分子量測定
    • 中和反応:指示薬とpH~二段階中和滴定
    • 酸化還元反応:テルミット反応~メッキ
    • 電池の製作と電気量:電気量や内部抵抗など電池性能の測定
    • ガラス細工など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。