• 教材や実験の開発情報

天候(気温や気圧)によって結晶の様子が微妙に変化します。かつて気象判断に用いられたという古典的な科学教材。

「画 像」ガラスビン(左)を用いたストームグラス

成分構成は…ショウノウ 5.0 g 硝酸カリウム1.3 g 塩化アンモニウム 1.3 g 無水エタノール16 g 純水16.5 g 着色剤(フルオレセインアルカリ溶液数滴)

これを70-80℃くらいで湯せんしていったん完全に溶かし放冷します。その後は、気温等の条件に応じて結晶が観察されるようになります。もちろん、その地域の年間平均気温などを考慮して、成分濃度(特に水量)を調整する必要があります。

「動 画」市販のストームグラス

これは既製品。夜間にゆっくり冷えて翌朝には大きくシャープな結晶になることを繰り返します。ネットで数千円で購入可能です。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。