• 教材や実験の開発情報

水素をタンクから直接噴射して、シャボンにして点火。酸素が十分に供給されていない状況下では、ボワット燃える感じです。

「動 画」水素を燃焼させてみる

もう少し器用なら、シャボンを浮かせたところで点火という手もあります。なお、酸素を加えるといきなり爆鳴が轟きますが、取り扱いには注意が必要です。

「動 画」水素が軽く燃えやすい気体であることを示す_学生による演示

薄めの軽いビニール袋であれば簡単に浮きます。ライターは先長のものが良く、濡れ雑巾の準備も必須。


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。