• 教材や実験の開発情報

缶ヅメの皮むきミカンはいったいどのようにつくられているのでしょう…誰しも一度は、疑問に思うことを実験で確認してみます。ミカンの房を酸と塩基(アルカリ)で順に作用させることで、立派な皮むきミカンができあがるのです。しかも、苦みが消えて甘みも増すような気がします。

「解 説」

1.酸と塩基の反応で皮をむく:植物の細胞壁は主にセルロースで構成されていますが、酸が加わると作用は弱いものの細胞組織が軟化してきます。また、さらに水酸化ナトリウムのようなアルカリを加えることで、細胞を強くつなぎ止めている粘性の高い物質であるペクチンが溶け出してきます。この化合物は分子内に多くのカルボキシル基(-COOH)を持つ有機酸(一部はメチルエステル化)であるため、アルカリと中和反応を起こしたり、エステルの加水分解により水溶液に溶解しやすくなるのです。ペクチンのカルボキシル基部分は、アルカリと塩をつくって -COONaとなっているので、この部分はイオン性のため水によく溶けるようになります。ペクチンは、分子量の大きな高分子化合物なので、分子の大部分を□で表現して簡略化すると、次のようにイオン化して水に溶けやすくなります。

□-COONa  →  □-COO + Na+

できあがった皮なしミカンが甘く感じるのは、クエン酸の消耗やアルカリによるタンニン系の物質が溶出したものと考えられます。

2.ペクチン:植物組織全般には、粘性の高いペクチンという物質が含まれています。ペクチンの基本構造は、ガラツクロン酸がα-1,4-結合により重合したポリガラツクロン酸がよく知られていますが、一部がエステル化するなど官能基の数や分子量により複数の種類が存在しています。

食品に増粘多糖類として添加されていることも多く、パッケージの成分表示で見かけることある物質です。

◇「動 画」授業実践記録


◇このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり、実験材料・操作、解説の一部を非公開にしてあります。操作に一定のスキル・環境を要しますので、記事や映像を見ただけで実験を行うことは絶対にしないで下さい。詳細は、次の3書(管理者の単著作物)でも扱っているものがありますので参考になさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。