• 教材や実験の開発情報

※遠隔授業が途方もなく予想よりも長い期間に渡り、不本意な状況が続いています。いずれ状況が好転することを期待しつつ、引き続き取り組んで下さい。なお、4/28以降の指示に応えていない受講予定者が数名いるようです。至急対応してください。


下表は、生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)の一部です。この調査は、義務教育修了段階の15歳児(日本は、高校1年相当学年)を対象に、2000年から3年ごとに、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野で実施(2018年調査は読解力が中心分野)されているものです。この図に関連して設問に答えなさい。

PISA2018、読解力は過去最低15位に下落 | リセマム


◇設 問

1.調査を実施したOECD(国際協力開発機構)は、日本における数学的リテラシー及び科学的リテラシーが安定的に世界トップレベルを維持していると分析している。かねてから、日本国内では、科学教育の衰退が指摘されているにも関わらず、このような結果が得られていることをどう考えたらよいか。自分の体験を踏まえながら考えを述べなさい。ただし、次の論点を踏まえ、200文字以内で述べること。

論点:この学力試験はいわゆるペーパー試験の点数の結果であり、必ずしも総合的な科学実践力を正確に反映しているものとは言えない。特に、日本は、いまだ厳しい学力競争社会にあって、学力を向上させる動機付けが強い。特に、この調査対象となっているのは高校1年生である。

2.表には、代表的な先進国と考えられている諸国(アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ等)が上位に挙げられていない。一方、灰色部分である非OECD加盟国が各分野の上位を占めるという実態がある。この状況をどう考えたらよいか、自分の考えを200文字以内で述べなさい。


◇遠隔授業としての指示:設問1-2の回答をこの下のコメント欄に直接記入しなさい。出席確認機能も兼ねているので、可能な限り各授業時間内に回答すること。また、最初に「6/2・氏名」をわかるように記載すること。(内容は自動的に指導者に送られるがすぐには公開されない設定になっている)


コメント一覧

返信2020年6月3日 11:01 PM
アバター

24/

6.2 廣 1.このテストは高校一年生が対象という所が日本の高得点につながっているのではないかと考えた。日本の中学3年生のほとんどが高校受験を受ける。その受験のテストで高得点をとるために暗記することが多い。特に理科は用語や実験の方法のポイント押さえておけばよい。そのため科学的な本質は理解出来ていないが、テストに出るようなポイントを理解した、受験用の知識は豊富なため、ペーパーテストである今回のテストでは高得点をとれているのだと考えられる。 2.世界情勢が大きく関わっていると考えらる。自国を発展させるには何か国際的な「強み」が必要である。特に途上国であるOECD非加盟国はより何かに特化することが求められる。今回のテスト上位の国は面積や人口が盛んではなく、農業にも適しているとは言い難い。その中で科学者を育成し国際的に戦える人材を育成する政策を推し進めてきたからであると思われる。

    返信2020年6月4日 9:41 AM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >2…その中で科学者を育成し国際的に戦える人材を育成する政策を推し進めてきた…  → 逆に言えば、人の教育にリソースを投入せざるを得ないから、という意味になるのか?

返信2020年6月2日 9:11 PM
アバター

匿名23/

6/2 村 1.センター試験や受験に使われる理科は、暗記したものを活用したものである。そのため、実際に理科的な操作ができなかった場合でもテストでは知識さえあれば解けるような構造になっている。しかし、ただ暗記する科目として捉えていることが、科学分野に対する興味関心の減少につながっているのではないだろうか。私自身の学校でも実験は時間があるときにやるものとしての認識が強かった。 2.国の受験者全員が学習に積極的に取り組んでいるか否かが理由にあると思う。アメリカの大学では卒業する方が入学するよりも難しいと聞くし、それだけ個人による学習に対しての責任が大きいのだと思う。また、上位に入っている国は、経済をこれからも発展させるためにさらに高い能力が必要になると考えているのではないかと思う。将来のために全員が必死になって学習に取り組む環境がこの結果につながっているのではないだろうか。

    返信2020年6月3日 9:38 AM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…実際に理科的な操作ができなかった場合でもテストでは知識さえあれば解けるような構造に…  → PISAのテストの仕組みもそうなっているのだろうか、知る必要はありそうだ。 >2.…上位に入っている国は…将来のために全員が必死になって…  → これらの国が発展していくことにつながるかどうかにフォーカスしたいものだ

返信2020年6月2日 4:39 PM
アバター

匿名23/

6/2 秋 すみません、遅くなりました。 1.日本の科学教育では実験等の実践が少なく理論や方法を暗記させる授業を展開していると考える。実際に私も高校生の授業では実験をほとんどやってこなかった。科学的な知識とそれを用いる能力を問う調査であるが、日本の学生は知識を持っているためある程度は問題を解くことが出来ると推測する。問題点は新しい知識を得るため、興味を持つためのテストではなく実力を試すためのテストと多くの人が認識していることだと思う。 2.先進国の中には、親の収入等の社会的環境要因により学力格差の大きい国がある。それに対して、非OECD加盟国の中には教育が平等、公平にいきわたっている国があるためにこのような事が起こるのだと考える。また、上位を占めている非OECD加盟国は社会主義である国が多いと感じた。先進国は資本主義である国が多いため公平な教育、社会的環境要因を除いた教育を行えないのではないかと考えた。

    返信2020年6月2日 5:13 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.実力を試すためのテストと多くの人が認識している…  → PISA上位国はこれが強い、ということだろうか? >2.…非OECD加盟国の中には教育が平等、公平にいきわたっている国があるため…  → 鋭い指摘だとは思う。

      返信2020年6月3日 10:03 PM
      アバター

      匿名24/

      秋 1に関して、PISA上位国ではなく日本でこの調査に対して実力を測るためだと認識している人が多いと思う という事です。良い点を取ろうとするために日本は上位に入るがそれではグローバル化に対応出来る人材は育成されないという事です。なので問題点は〜と記述しました。 しかし、この理論でいくとPISA上位国も実力を測るためだと認識しているということになりますね…。

        返信2020年6月4日 9:45 AM
        さいえんすヨージ

        さいえんすヨージ23/

         → 北欧もテストに強いことがヒントになるかも。資源やエネルギーに乏しい国は、教育に力を入れざるを得ないわけだけど、そのやり方の違いに着目はしていきたいもの。他国はどうあれ、わが国がトホホなことには変わりないが…。

返信2020年6月2日 4:29 PM
アバター

匿名23/

6.2 荒 1.私の高校では、公式を覚えてその公式を問うテストがあった。だから、ひたすらその先を覚えることに集中していた。後になってまた定理や公式の名前を聞かれても全然思い出せなかったりした。その時に内容まで理解していなかったんだと自覚したし、自分と同じような人はもっといるだろうと感じた。科学においても、実験や観察をしなくても教科書通りに学習して、単語や実験結果を覚えるだけでもよい結果は出る。答えだけを知るというような、結果の知識だけで覚えているということが考えられる。 2.非OECD加盟国の国は著しく発展していたり、これからもっと発展していくだろうという国で、その分学力にも力を入れているのだろうと思う。経済的、社会的に成長していく国に合わせて、教育もICTだったりパソコンを使った最新の教育に変化しているのだと感じた。また、上海では自宅での学習時間の平均な日本より遥かに多いという資料を見たことがある。学習時間の多さでも差が出ている。そんな国のやり方を参考にして取り入れたらいいと思った。

    返信2020年6月2日 5:10 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…教科書通りに学習して、単語や実験結果を覚えるだけでもよい結果は出る…  → PISAの調査もそういうテストみたいになっているのでは、と考えるわけ? >2.非OECD加盟国の国は著しく発展して…上海では自宅での学習時間の平均な日本より遥かに多いという資料…  → そういうやりかたで日本は失敗した、という見方もあるけど…。

返信2020年6月2日 4:23 PM
アバター

23/

6/2 濵 1.日本の教育は暗記科目、また進学の手段としての側面が強い。故に設問の通り知識量を問うペーパー試験の結果は世界でも上位となる。しかし知識の活用力や課題解決能力は反映されず、これらの能力は決して高くはないと考えられる。私自身知識はあるが、実際にそれを活用できるかと言えば否である。つまりPISAの結果は日本の化学リテラシーには著しい偏りがあることを示していると考えられる。 2.単純にランキングだけを見るのであれば、アジア諸国の非OECD加盟国が上位を占めるようになり、対照的に欧米諸国がランキングを落とし始めたと見ることが出来る。背景にはGDPなども含めた国際情勢があり、これらは教育に割ける金にも関係しているため、ランキングの結果に深く関与していると考えられる。しかし上記で述べたように知識の活用力や課題解決能力を反映しているとは言えないため、一概に正しいとは言えないと考えられる。

    返信2020年6月2日 5:08 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…PISAの結果は日本の化学リテラシーには著しい偏りがあることを示していると…  → 北欧、フィンランドなどは教育先進国と言われているが、やはりPISAは上位にランクインしている。その辺をどう考えたらよいかな? >2…背景にはGDPなども含めた国際情勢があり、これらは教育に割ける金にも関係している…  → OECD国の方が教育にかけるお金は大きいのでは?

返信2020年6月2日 4:23 PM
アバター

23/

6/2・芦 1.日本がいまだ厳しい学力競争社会にあるという点から、日本の科学教育がペーパー試験に対応するための机上のもの中心になってしまい、その分実験などの実践的な科学教育が削られているので、試験を用いた調査からは教育は安定しているように見えるが実践的な教育・経験が足りておらず、応用的な行動を伴う科学教育が衰退していると考えられる。 2.上位を占めている非OECD加盟国は経済発展が著しく、経済成長と教育の向上を結びつけて考えているため国を上げて教育の向上を推進しているから。先進国が比較的上位に挙げられていないのは、今までの教育方法に安住してしまい、時代の流れや国民性にその教育方法が合っていなかったのではないかと考える。

    返信2020年6月2日 4:43 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…試験を用いた調査からは教育は安定しているように見えるが…  → エストニアやフィンランドも上位だが、学歴競争との関係はどうなのか? >2.…今までの教育方法に安住してしまい…  → 非OECD諸国のようにはならないくても良い、という意味か?

返信2020年6月2日 4:16 PM
アバター

23/

6/2 佐 1、PISAの調査を受けたのは、つい先ほどまで高校受験のために勉強してきた世代である。受験のために理科や数学も勉強していたはずであるため、高得点が取れるのは必然ではないか。 「日本国内では、科学教育の衰退が指摘されている」のと同時に出ることの多いいわゆる理科離れについても、成績というよりは理科に興味・関心がある児童生徒が減っていることに対しての議論のようである。 つまり日本国内では、科学への興味関心は低くても、受験のために勉強しなくてはならないので成績は良いという状況が生まれている。 2、表の上位にいる国々で、中国は一人っ子政策による少子化もあり受験競争が激しくなっており、シンガポールについても、全国統一テストが行われその結果で今後の進路がほぼ決定されるという状況があるようである。 これらの国の子どもたちの多くが受験やテストのために勉強せざるを得ない状況にあるため、結果としてPISAの点数も高くなるのではないだろうか。

    返信2020年6月2日 4:30 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1、…日本国内では、科学教育の衰退が指摘されている…  → これはどのおゆな実態から言われるようになっているのだろうか? >2、…これらの国の子どもたちの多くが受験やテストのために勉強せざるを得ない状況に…  → では、非OECD加盟国は衰退していくと考えて良いのだろうか?

返信2020年6月2日 3:53 PM
アバター

吉有23/

6/2  吉   1.この学力試験はペーパー試験の点数であることから、日本の学生の数学や科学に対する「知識」はある程度身に着けることができていると考えられる。しかし自分の経験上高校1年生の時に持っていた数学や科学の力は受験で勝ち抜くための詰め込んだ知識であり、それを伸ばそう、楽しい、もっと知りたいという知的探求心は強くなかったように感じる。以上により科学教育の衰退が指摘されているのにもかかわらず点数が高いのは、知識を詰め込んだ結果であり本当の意味での数学リテラシー、科学リテラシーが世界トップレベルというのに疑問を感じる。 2.代表的な先進国はOECDに加盟しており、加盟国が連携協力して国際的な調査、研究を行い各国における教育改革の推進と教育水準の向上に寄与している。その教育体制が整っているOECD加盟国に比べて非OECD加盟国の成績が高くなるということは非OECD加盟国の中で独自の教育により子供の力を伸ばしており、日本の現状に比べてはるかに学力社会となっているのではないかと考えられる。

    返信2020年6月2日 4:27 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…もっと知りたいという知的探求心…  → それをテストするための調査はどのようなことが考えられるだろうか? >2.…非OECD加盟国の中で独自の教育により…  → 例えばどのような取り組みをしているのだろうか?

返信2020年6月2日 3:40 PM
アバター

匿名23/

6/2 口 1 今の日本は学歴社会で知識の習得に重点が置かれている。科学教育では観察・実験から科学を学び日常生活に結び付けることが求められるが、現在の教育は私自身の体験からも教科書の知識を子どもに伝えることを主流にされていると感じる。また、このテストはペーパー試験で対象が高校1年生であるため受験としての科学の知識はある程度ついているが、それが本当の科学実践力となっているかは判断が難しい。 2 上位にある非OECD加盟国は近年の技術や経済の発達がすさまじく、国としても学力に力を入れていることが考えられる。少し前に調べたことがあるのだが、シンガポールでは子どもの学習塾の申し込みのために有名塾には親が何時間も列に並ぶこともあるらしい。また、教員養成機関も国立の1施設のみで教員の質が高くなっている。このように国の成長(教育資金)の面が考えられる。

    返信2020年6月2日 3:49 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1 …高校1年生であるため受験としての科学の知識は…本当の科学実践力となっているかは …  PISAの学力の判断水準がおかしいということだろうか?どのような尺度の調査をすべきか? 2 …国としても学力に力を入れている…教員の質が高く…   →  対してわが国の政策はどうか、具体的に述べるとよい。

返信2020年6月2日 3:07 PM
アバター

匿名23/

6/2菜 1. PISAの学力調査にかかわらず日本の児童生徒は教科書に載っている原理を覚えて計算し答えを出す。そのため見た目だけでは世界トップレベルにいるが、その知識を生活や実験に使うとなると話は変わってくる。学んだ知識が実験や生活結びつかないのである。そのため実際に実験をすると初歩的な間違いや危険な行動を起こしてしまう。そのため科学的リテラシーが高くともそこに胡坐をかくことなく実践的な、実験や観察を行う授業を増やすべきであると考える。 2. 客観的に考えるとPISAで測る学力が劣ってしまっている国がOECDに加盟し力を合わせて良い教育政策を考えて、非OECD加盟国に追いつこうとしているように考えられる。また、違う角度から見てみるとOECDに加盟していない国は独自の国民性に応じた教育政策を行い成果を出し、OECDに加盟している国は無理やり共通の政策をとることによって、国民性に合わない教育を行ってしまい成果が出ていないと、とらえることが出来る。

    返信2020年6月2日 3:25 PM
    さいえんすヨージ

    さいえんすヨージ23/

    >1.…教科書に載っている原理を覚えて計算し答えを出す…   →  PISAの学力の尺度は知識偏重ということだろうか?       >2.…OECDに加盟していない国は独自の国民性に応じた教育政策を行い成果を出し…   →   例えば、中国などの教育政策の優れているところはどこだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。