UA-119493607-1 コーヒーシュガーとデンプンを用いて | らくらく理科教室
  • 教材や実験の開発情報

水への溶け方の違いや、ろ過したあとのろ液とろ紙に残る物質などを観察します。コーヒーシュガーは茶色で観察しやすいので、この種の実験に適しています。また、デンプンの白い粉末は、水に溶かすと白く濁ったようにも見え、コーヒーシュガーと対比しやすいです。特に、デンプンは分子が大きくろ紙を通過できずにろ紙上に残ってしまうところがポイントです。

*****

理科教育法「1年化学」水に溶ける物質のようすp103


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です