• 教材や実験の開発情報

「模擬授業_実践記録」

<理科学習指導案>

日 時  令和3年10月26日(火) 4校時 14:50~16:20

場 所  都留市立文科中学校理科室

生 徒  都留市立文科中学校2年1組32名(男17・女15)

指導者(実習者)  都留文科大学3年 教育実習生 h

指導教員 都留市立文科中学校 教 諭        印 

  • 題材名 単元3「前線とそのまわりの天気の変化」
  • 単元観 本単元では、気象要素と天気の変化の関係に着目しながら、天気の変化や日本の天気の特徴を理解させ、身近な気象の観察、実験などに関する技能を身に付けさせる。また、気象とその変化に関する自然の事物・現象について、見通しを持って課題を解決する方法を立案し、観察、実験などを行い、その結果を分析し、天気の変化や日本の気象の規則性や関係性を見いだして表現させる。
  • 題材の目標 暖気と寒気のぶつかり合いを表すモデル実験や教科書巻末のペーパークラフトを用いて、前線の通過によって起こる天気の変化などを、暖気や寒気と関連付けて理解する。
  • 生徒の実態 本学級は、実験や観察に意欲的に取り組む生徒が多い。しかし、学力は生徒によって差が生じている。そこで、本題材では、暖気と寒気のぶつかり合う様子を示したモデル実験を演示し、寒気が暖気の下に潜り込み、寒冷前線が暖気を押し上げながら進むことを確認させる。また、ペーパークラフトを用いた問題演習では班で話し合わせ、理解を深めさせる。
  • 題材指導計画:第2章 前線とそのまわりの天気の変化 p.174-184
    • 気団と前線についての理解:2
    • 演示実験(暖気と寒気のモデル実験)、ペーパークラフトの作成:1(本時)
    • 前線と天気の変化:1
    • 前線の通過と気象要素の変化:2

                    以上 計6時限

  • 本時の目標 前時までに学んだ、前線と前線面について振り返り、寒気が暖気の下に潜り込み、暖気を押し上げながら進むことを、演示実験を見て確認する。ペーパークラフトを作成し、温帯低気圧についての理解を深める。前線付近にできる雲の種類や、前線が通過する際の気温、風、天気の変化などについて理解する。
  • 本時の展開 (次ページ参照)
  • 本時の評価
  • 準備物等

(演示実験)PVA洗濯のり100 mL、40 ℃程度のぬるま湯、絵の具(青、赤)、300 mLビーカー、ガラス棒、水槽、10 mLピペット、温度計、試験管2本、試験管立て

(ペーパークラフト)のり 各班1個ずつ、セロハンテープ 各班1個ずつ

実験動画、温帯低気圧の図、寒冷前線と雲のでき方の図、温暖前線と雲のでき方の図、停滞前線と雲のでき方の図

  • 参考・引用

・学習指導要領(文科省)

【本時の展開】

学習過程   全50分学習活動  指導上の留意点  
導 入   2分寒気が暖気の下に潜り込むことや温帯低気圧の特徴を復習する。温帯低気圧の図を示し、前時までの学習内容を説明し、確認させる。  
展 開   38分  暖気と寒気のぶつかり合いを表す演示実験を見る。 実験概要 300 mLビーカーに水を100 mLとPVA洗濯のり100 mLを入れ、ガラス棒で混ぜる。青色の絵の具で着色する。(寒気のモデル)水槽に7分目くらいの高さまで40 ℃程度のぬるま湯を張る。赤色の絵の具で着色する。(暖気のモデル)①の寒気のモデルを10 mLピペットでとり、生徒から見て水槽の左側から入れる。              
寒気が暖気の下に潜り込み、暖気を押し上げながら進む様子を確認する。     教科書巻末付録のペーパークラフトを作成する。教科書p.180のつくり方を見ながら作成する。前時までに学んでいるア、イの方位、ウ~クの語句、温帯低気圧の中心気圧を書き込む。書き込んだ内容を確認する。     前線付近にできる雲の種類や、前線が通過する際の気温、風、天気の変化などについて理解する。  
暖気と寒気のぶつかり合いを表す演示モデルの実験を行う。               生徒を教壇の周りに集合させる。寒冷前線の動きに着目させる。1回しかできない実験のため、フォローに動画を用意しておく。   ペーパークラフトの作成を指示する。各班にのりを配布する。机間巡視し、つくり方の助言をする。ペーパークラフトに書き込んだ内容などを、班で確認させる。書き込んだ内容を生徒に答えさせ、答えを板書する。   前線と雲のでき方の図を提示しながら説明する。板書の内容をノートに記入させる。気温がどのように変化するかなどを発問し、生徒に答えさせる。
まとめ   10分    ペーパークラフトを用いて、本時の学習内容を確認する。雲のパーツの差し込む位置を確認する。人形パーツを動かし、天気がどのように変化するか確認する。   片づけをする。のりは前に戻す。切り取った紙などは可燃ゴミに捨てる。ノートとペーパークラフトを提出する。本時の学習内容について発問する差し込んだ雲のパーツを生徒に答えさせる。低気圧が西から東へ移動するとき、天気や気温がどのように変化するかを生徒に発問し、答えさせる。     片付けの指示をする。

【板書計画】

前線とそのまわりの天気の変化    
温暖前線:雲:乱層雲、高層雲→長時間、弱い雨 〈通過後〉風:南寄り 気温は上がる                                   停滞前線:暖気と寒気の勢いがほぼ同じ 前線は同じ位置に長時間とどまる。(梅雨前線、秋雨前線)
ペーパークラフトの答え ア. 西    カ. 温暖前線 イ. 東    キ. 寒冷前線 ウ. 等圧線  ク. 閉塞前線 エ. 暖気   気圧 980 hPa オ. 寒気     寒冷前線:雲:積乱雲→短時間、強い雨 〈通過後〉風:北寄り 気温は下がる    

コメント一覧

返信2021年10月26日 4:19 PM
アバター

4班25/

指名の仕方が班ごとで全体に聞けるのでいい。突然聞かれるとわかりにくいので、プリントがあると助かる。図わかりやすかった。地面、寒気、暖気に全体的に色がついているとよりわかりやすい。前線のときに雲の話をもう少し丁寧にしてもらえると、模型を使うときにより考えやすくなったと思う。本時の目標(板書)があると授業に取り組みやすい。のりよりもテープのほうが使いやすかった。

返信2021年10月26日 4:16 PM
アバター

1班25/

・時間が足りない ・黒板の図が見やすい、分かりやすい ・内容を盛り込みすぎた… ・板書を構造化すると見やすい ・板書を消すのは良くなさそう… ・演示実験はとてもわかりやすい ・机間指導が細やかで安心して作業できた

返信2021年10月26日 4:15 PM
アバター

3班25/

書く時間が長く、解説があまり入ってこなかった。また、ペーパークラフトをもっと活用してもイイかな、と思った。雲の違いがよくわからなかったので、スライドや写真を使ってもいいかな、と。

返信2021年10月26日 4:15 PM
アバター

5班25/

イラストはわかりやすかったが、後ろの席だとわかりにくいので大きくした方がいいと思う。 子どものプリントにも同じ図を書いとけば後から見てもわかると思う。

返信2021年10月26日 4:14 PM
アバター

匿名25/

6班 ・演示実験があり、寒気が暖気の下に潜り込むというイメージを捉えやすかった。 ・作ったペーパークラフトをもっと活用するといいと思った。 ・寒冷前線や温暖前線の説明の時に、気温の変化や風向きなどは発問にしてもいいかなと思った。 ・机間指導が多くて良かったと思った。

返信2021年10月26日 4:13 PM
アバター

2班25/

とても聞きやすい声であった。ペーパークラフトを作成することで視覚的に理解することが可能になると思った。せっかく作成したのでもっとペーパークラフトを活用しても良いのでは。 ペーパークラフトを作る意図とは?風の説明をする時矢印などがあると分かりやすかった。 板書が工夫されていてイラストも分かりやすかった。

返信2021年10月26日 3:53 PM
さいえんすヨージ

さいえんすヨージ25/

・中学生、板書写すのは大変だろう。イラストを描くのにけっこう難儀するのは必至。

返信2021年10月26日 3:52 PM
さいえんすヨージ

さいえんすヨージ25/

・学習項目多い:工作にも手間がかかるだろう。無駄な内容はないが、時間はぎりぎり。盛り過ぎか?

返信2021年10月26日 3:47 PM
さいえんすヨージ

さいえんすヨージ25/

・用語 漢字が多くてノートするのが大変そう。こういう授業の場合は、プリントノートを作っても良いかもしれない。作図も多いし。

返信2021年10月26日 3:46 PM
さいえんすヨージ

さいえんすヨージ25/

・発問のしかた:先に発言を求める対象を指定してから発問させるとスムーズにいくことも多い。いろいろなパターンがあっても良いが、授業内で切り替えると効果的。

返信2021年10月26日 3:42 PM
さいえんすヨージ

さいえんすヨージ25/

・演示実験:もうすこし何を使ってどういうことが起こり、それが気象現象とどうかかわるのか説明があってもよい。 ・作業後の発問:機械的に用語を記入していた感。せっかくペーパークラフトを作成したのだからもっと活用して欲しい。 ・A3のパネルはさすがに小さく見えた。模造紙半分程度の教材が必要かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。