• 教材や実験の開発情報

化学の華:尿素結晶

紙や木片など、表面が細かな構造を持っているものに、きれいなクリスタルの房がどんどん成長していきます。これは尿素の水溶液が毛管現象により紙や木に浸透して、水分の蒸発により尿素成分が次々と結晶化していく現象です。出来上がった …

続きを読む


色素を展開:クロマトのシンプル実験

溶液が、紙や木、無機物の結晶に浸透する際に、溶解している成分が一定の速度で展開していくことを利用したクロマトグラフィーという手法があります。化学分析の定番中の定番ですが、ろ紙やチョークに蛍光色素をスポットして、その技術の …

続きを読む


ミカンの皮むき:変わった皮むき

缶ヅメの皮むきミカンはいったいどのようにつくられているのでしょう…誰しも一度は、疑問に思うことを実験で確認してみます。ミカンの房を酸と塩基(アルカリ)で順に作用させることで、立派な皮むきミカンができあがるのです。しかも、 …

続きを読む


水素爆発

水素は爆発的に燃焼する条件が広く、取り扱いに注意を要する気体です。空気との混合比でいうと、水素の割合が4~75%が、この条件(爆発範囲または爆発限界)に該当します。ここでは、水素爆発を演示実験として、比較的安全に実施する …

続きを読む


ノリに含まれる色素の抽出

エタノールと水を用いてノリに含まれる光合成色素を抽出し、それぞれにブラックライトを照射してみました。すると、クロロフィルは赤、フィコブリンはオレンジ色(映像ではわかりにくい)の蛍光を発しました。多くの植物には光合成色素と …

続きを読む


ブロッコリーのDNAを取り出す

身近な材料を用いて手軽に生物のDNAを取り出す実験です。素材として身近な野菜であるブロッコリーを使いますが、花芽が小さくたくさん集まっていて扱いやすいなどの理由でよく用いられています。 DNAとは、デオキシリボ核酸(de …

続きを読む


化石のレプリカをつくる

化石のシリコン型をつくり、セッコウを流し込んで三葉虫やアンモナイトのレプリカをつくります。 「動 画」操作ガイド 型取り剤には市販のパジコ(2000円程度)のものを用いました。2種類の型取り剤があって、それを混ぜ込んで化 …

続きを読む


シュリーレン現象

お茶パックにコーヒシュガーを入れて水に浸けます。横から観察すると、コーヒーシュガーが少しずつ溶けて、かげろうのようなもやもやが観察できます。背景やライトを使って工夫するともっとよく見えるようになるでしょう。 水に溶解する …

続きを読む


エタノールの取り扱い注意

エタノールの引火・燃焼・爆発事故が数多く報告されています。実験中のつぎ足しやボトル転倒、車中での除菌スプレー使用後に火気を使用したなどいろいろなケースが報告されています。 「動 画」エタノールをつぎ足して引火_学生による …

続きを読む