• 教材や実験の開発情報

ミカンの皮むき:変わった皮むき

缶ヅメの皮むきミカンはいったいどのようにつくられているのでしょう…誰しも一度は、疑問に思うことを実験で確認してみます。ミカンの房を酸と塩基(アルカリ)で順に作用させることで、立派な皮むきミカンができあがるのです。しかも、 …

続きを読む


水素爆発

水素は爆発的に燃焼する条件が広く、取り扱いに注意を要する気体です。空気との混合比でいうと、水素の割合が4~75%が、この条件(爆発範囲または爆発限界)に該当します。ここでは、水素爆発を演示実験として、比較的安全に実施する …

続きを読む


回り続けるハンドスピナー

ブームになったハンドスピナーと電磁石・リードスイッチを用いて、回り続ける教材を作りました。 ハンドスピナー自体も摩擦が少なくて回転運動が減衰しにくい造りですが、回転を加速~維持させるしくみになっています。ハンドスピナーの …

続きを読む


鉄と硫黄の化合

中学教科書では、物質どうしの化学変化、化合の概念の学習での定番の実験として紹介されています。学習内容としても化学分野の中核をなし、実験材料使用器具ともシンプルであることから、気軽(?)に取り組んでしまいがちです。しかし、 …

続きを読む


ノリに含まれる色素の抽出

エタノールと水を用いてノリに含まれる光合成色素を抽出し、それぞれにブラックライトを照射してみました。すると、クロロフィルは赤、フィコブリンはオレンジ色(映像ではわかりにくい)の蛍光を発しました。多くの植物には光合成色素と …

続きを読む


ブロッコリーのDNAを取り出す

身近な材料を用いて手軽に生物のDNAを取り出す実験です。素材として身近な野菜であるブロッコリーを使いますが、花芽が小さくたくさん集まっていて扱いやすいなどの理由でよく用いられています。 DNAとは、デオキシリボ核酸(de …

続きを読む


スピーカーをつくる

エナメル線・磁石・紙皿などを用いた手づくりのスピーカー。イヤホンのピンジャックが入る機器(テレビやラジオ、ステレオ、PC)で音楽を視聴することが可能です。 このブログで発信する情報は、取扱いに注意を要する内容を含んでおり …

続きを読む


コイルトレイン

乾電池が銅線のトンネルを突き進んでいきます。電流と磁界による電磁力の応用的な実験工作です。 「動 画」 乾電池の両端にはネオジム磁石、互いの磁界が反発するように逆向きにはりつけてあります。ネオジム磁石表面は電気を通し、乾 …

続きを読む


化石のレプリカをつくる

化石のシリコン型をつくり、セッコウを流し込んで三葉虫やアンモナイトのレプリカをつくります。 「動 画」操作ガイド 型取り剤には市販のパジコ(2000円程度)のものを用いました。2種類の型取り剤があって、それを混ぜ込んで化 …

続きを読む