• 教材や実験の開発情報

エタノールとナトリウムの反応

エタノールに金属ナトリウムを反応させると水素が発生し、エタノールは、アルコキシドという物質に変化します。 水との反応のように激しさはありませんが、一定の熱の発生を伴います。動画では、発生した水素を捕集し、点火しています。 …

続きを読む


ヘキサン蒸気は危険

容器に注ぎ込むふりをしているだけですが、容器内にはしっかりとヘキサンの蒸気がたまります。そこにライターの火を近づけると容易に燃焼が起こるというものです。 ヘキサン C6H14 は、常温で液体(沸点69 ℃)ですが、分子量 …

続きを読む


爆発的な結晶析出

過飽和状態の酢酸ナトリウム水溶液に刺激を与えると、結晶が一気に析出してきます。その際に大きな発熱を伴います。 「動 画」丸底フラスコ中で立体的な結晶化が観察できる 「動画」ブレイクの際に発生する熱を利用した温熱パッドの温 …

続きを読む


廃油でキャンドル

油脂に廃油凝固剤(高級脂肪酸)を混合させて冷やすと流動性を失い、ゲル化して固まります。固まった油を燃料に、ガラスビンとヒモを芯に用いてキャンドルを作ります。 実験プリント版 「実験タイトル」廃油からキャンドルを作る 「サ …

続きを読む


アラザン粒で1 molの大きさを考える

アラザン粒を銀原子などに見立てて、物質量の大きさを考える機会とします。 Q1:アラザン粒を銀原子などに見立てて、ある容器(50mL)に750粒が入っていたとして…もし、アラザン粒を1mol = 6.0×1023 個を集め …

続きを読む


ナイロンの合成

合成繊維で知られるナイロンをつくる実験です。高分子化学の定番実験としてよく取り上げられますが、世界初の合成繊維としてその歴史的な意義とともに学習する機会にいたしましょう。 「動 画」セバシン酸ジクロリドを用いた簡便な方法 …

続きを読む


アセチレンの発生

カルシウムカーバイド(炭化カルシウム)と水を反応させるとアセチレンが気体となって生成してきます。アセチレンは、無色無臭の可燃性気体で、点火すると黒いススを出しながら燃焼します。 「動 画」炭化カルシウムと水の反応でアセチ …

続きを読む


まるでドラゴン?伸びる黒いモコモコ物体

砂糖と重曹を用いたシンプルな実験:近づくと、炭がモコモコ伸びていく部分がよく観察できます。数分でかなり長くなるのと、ところどころ枝分かれしてくる部分もあって、それがドラゴンの手足のようにも見えて楽しい実験です。 15分位 …

続きを読む


伸びていく昆布?トラウベの人工細胞

水色の溶液の中に、昆布のような物体がみるみる成長していきます。生き物ではなく、金属イオンの反応によって半透膜ができ、それが成長していくというものです。 硫酸銅水溶液にヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウムの結晶を投入すると、銅( …

続きを読む