• 教材や実験の開発情報

タピオカストローでイオン移動の確認

酸性・アルカリ性水溶液にそれぞれ共通するイオンの存在を確認させる定番実験です。ストロー内の寒天(含BTB)に塩酸や水酸化ナトリウムを付着させて、電圧をかけることで色の変化を見ようとするものです。 「画 像」実験プリント上 …

続きを読む


単分子膜で石けん分子の大きさを計算

油脂が水面で単分子膜を作る性質を利用して、アボガドロ定数や油脂の分子1個当たりの占める面積などを求めることができます。墨汁が外側に追いやられたところを方眼紙で写しとって、広がった油脂の単分子膜のおおよその面積を求める実験 …

続きを読む


ゴムボールを作る

ゴムの木から採れる樹液を食酢に混ぜると、樹液成分がゲル化してきます。手のひらでころころ固めると弾力のあるボールになって、床に投げつけてもちゃんとはね返ってきます。 実験プリント版 「実験テーマ」天然ゴム液からボールをつく …

続きを読む


ゴージャス実験:銀メッキペットボトル編

プラスティック(PET)表面への銀メッキ:基本はグルコースの還元力による銀の析出ですが、金属表面への析出のようには容易ではありません。そこで、PET表面に金属が引っかかりやすいようある種の有機酸やスズイオンによる処理を行 …

続きを読む


電気分解:寒天と紫キャベツ色素を用いて

寒天に紫キャベツ色素、炭素棒と乾電池を用いた電気分解の実験:簡素な割に、電極付近で起こる化学反応を理解するにはインパクトのある実験。 左は陽極で水素イオン濃度が高まって、色素が赤く酸性となります。他方、右の陰極は電子の供 …

続きを読む


紫キャベツでカラフル麺

中華麺やうどんをムラサキキャベツ色素に浸けると、麺が緑色になります。麺類に含まれる『かんすい』が塩基性を示すからです。紫キャベツ色素は、pHによって色があざやかに変化しますから、酸性(冷やし麺で酢が使われていたり)液を用 …

続きを読む


星のような結晶をつくる

水溶液を温めてしばらく眺めていると、星形のカワイイ感じの結晶が次々生まれてきます。暗い部屋でライトを当ててみれば、メルヘンチックな星降る夜のよう!飽和状態になるまで溶かされた成分が、水溶液の温度が下がることで、成分が結晶 …

続きを読む


テルミット反応

アルミニウムが酸化鉄を還元して単体鉄が生成します。酸化還元反応で扱うことが多いですが、強い光と大量の熱が発生するのが特徴です。 実験プリント版 「表 題」ダイナミックな酸化還元反応_テルミット反応 「サブタイトル」テルミ …

続きを読む


つまようじ、スイスイ!

つまようじの端に石けんをちょっと付けて水に浮かべると、水面を少しずつ進み始めます。水面にコショウを浮かべてみますと、コショウをかき分けていく様子がよくわかります。つまようじに推進力が生じるのは、石けん(界面活性剤)が表面 …

続きを読む