• 教材や実験の開発情報

アセチレンの発生

カルシウムカーバイド(炭化カルシウム)と水を反応させるとアセチレンが気体となって生成してきます。アセチレンは、無色無臭の可燃性気体で、点火すると黒いススを出しながら燃焼します。 「動 画」炭化カルシウムと水の反応でアセチ …

続きを読む


裸のタマゴ:殻を溶かして薄皮だけのスキンエッグ

タマゴを酢水に浸けて一昼夜置くと、殻はすっかり解け去って、薄皮だけの裸タマゴ(スキンエッグ)ができあがります。 「動 画」スキンエッグの作り方 「動 画」テーブルの上で弾ませてみた。最後にはついに破裂してしまった…。 「 …

続きを読む


ペットボトルに金メッキ

プラスティックに直接メッキするのは難しいので、表面にアンカーをかける方法をとります。フミン酸でペットボトルの表面を親水化し、銀コロイドを触媒核として付着させた後、塩化金酸を作用させていくというものです。金の還元には、アス …

続きを読む


ペットボトルでトルネード

2本のペットボトルをつなぎ合わせて、水を入れうまく回転させると、見事な渦が観察できます。 水を回転させて力づくで渦をつくりますと、ボトルAからキャップの穴に向かって見事な渦が立ち上がります。洗剤の泡が中央部分に集まって下 …

続きを読む


ゼネコンでLEDを発光させる

豆電球よりも負荷が少なく、エネルギーが小さくて済むことを体感できます。なお、LEDには極性があるので、逆回転させると光らないこともわかります。 このLEDは、乾電池3個分でちょうど光る市販の連結品を用いています。 ◇関連 …

続きを読む


まるでドラゴン?伸びる黒いモコモコ物体

砂糖と重曹を用いたシンプルな実験:近づくと、炭がモコモコ伸びていく部分がよく観察できます。数分でかなり長くなるのと、ところどころ枝分かれしてくる部分もあって、それがドラゴンの手足のようにも見えて楽しい実験です。 15分位 …

続きを読む


伸びていく昆布?トラウベの人工細胞

水色の溶液の中に、昆布のような物体がみるみる成長していきます。生き物ではなく、金属イオンの反応によって半透膜ができ、それが成長していくというものです。 硫酸銅水溶液にヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウムの結晶を投入すると、銅( …

続きを読む


カラーマジック:6カップで4色

6カップ(A~F)を用いて、透明→茶色→無色→赤紫色→茶色→青紫色のカラーマジック カップに入っている成分は、動画の右側からA~F…A:ヨウ化カリウムKI B:塩素系漂白剤 C:水酸化ナトリウム D:フェノールフタレイン …

続きを読む


松かさを炭にする

松かさを炭化させてみました。実験では、強烈な匂いがあとに残るのであまりお勧めではありませんが、炭化した松かさをまた別の実験で用いるためトライしてみました。有機物を酸素を遮断して強熱すると水分と可燃性気体が抜け、炭化してい …

続きを読む