• 教材や実験の開発情報

ゆっくり進行する「時計反応」_ファイナルカウントダウン

ヨウ素酸カリウムと亜硫酸水素ナトリウムの反応。複雑な反応を経るため、ヨウ素デンプン反応の呈色が見られるまでに一定の時間を要するというものです。反応物の濃度を調整することで反応時間を予測したり、逆に反応時間から濃度を推定す …

続きを読む


セッコウで恐竜の卵(?)をつくる

水風船とマヨネーズの空容器を使って、中が空洞のセッコウ卵(?)をつくります:10分くらいで完成しますが、セッコウと水の割合や固まり始めてからの操作に注意点が必要です。 「動 画」水風船編 「動 画」操作ガイド編 「操 作 …

続きを読む


美しい化学の庭園:ケミカルガーデン

透明なケイ酸ナトリウム水溶液に数種類の金属塩結晶をぱらぱらと振り落とします…すると、結晶のあたりから枝のようなものがどんどん伸びていきます。短時間に、カラフルな枝が密集してきて、まるでガラス容器の中に庭や林ができあがった …

続きを読む


ツクシ胞子の観察

ツクシのまた緑色のままの先端部分をピンセットでつついて、中に入っている胞子をスライドガラス上に乗せて観察します。すると、少し風があたるとこまかく動く様子が観察できます。 胞子から出ている糸状の弾子が、乾燥によって伸びるこ …

続きを読む


セッコウで模擬火山

セッコウと重曹、PVAを用いての模擬火山。粘りけを調整することで噴出の様子の違いを示すことができます。材料を混ぜ合わせるとすぐに発泡が始まるので、手際よく操作することが必要です。 〇アルミホイルや新聞紙で型を取れば、紙粘 …

続きを読む


炭酸バブルで浮き沈み

炭酸水にブドウやマーブルチョコを入れると浮き沈みを繰り返します。水溶液中から発生してきた二酸化炭素が、ブドウ等の表面に付着し、浮力が大きくなると上昇してきます。ところが、水面にまで達すると表面の泡が離れやすくなるので、今 …

続きを読む


煙中でエタノール燃焼

エタノール蒸気中に煙を充満させ火をつけると、上の方から炎が下りていくように燃焼していく様子が観察されます。燃焼後は、煙が消え去りペットボトル内がクリアになるというもの。 「動 画」学生による演示 大きなボトルを用いると、 …

続きを読む


小さな雷を起こす_落雷観察

カチッと一発、放電によって簡単に火を起こす便利なライターがありますね。放電を起こす圧電素子には、ある種の結晶の性質が利用されています。この素子を用いて、紙の疑似平面で人工のミニ雷を起こしてみることにしました。 「動 画」 …

続きを読む


こすると光る石

石を重ね合わせてこすると、触れている部分でオレンジ色の発光が観察されるというものです。付近の空気中の窒素分子が励起されてプラスマ状態が生じているらしいです。 力学的な摩擦によるエネルギーが熱とともに、石付近の空気中の窒素 …

続きを読む