• 教材や実験の開発情報

コインのダンス

ドライアイス表面で激しい昇華が起こり、発生する二酸化炭素の圧力で硬貨が振動します。また、硬貨の金属面がドライアイスに不規則に衝突することで金属音も聴こえてきます。 コミカルな動きが観察できます。使用するコインは、熱移動が …

続きを読む


シャボン玉が宙に浮く

容器の底にドライアイスを置くと、シャボン玉がぷかぷかと浮く感じになります。ドライアイスが昇華して、二酸化炭素が発生しますが、容器内が空気よりも密度が高い二酸化炭素で充満してきます。そのため、シャボン球は容器の底には落ちて …

続きを読む


どろどろカラーマジック

安定したカラー球が急におどろおどろしい状況に!油の中にきれいなカラー球を作ります。そこに重曹を入れると、突然どろどろになって混じってしまいます。 「動 画」学生による演示実験 まず、油と水で二層の溶液を作り、水には少量の …

続きを読む


不思議な片栗粉_ダイラタンシー

片栗粉に水を含ませたものは、力を入れると固くなってそのままの形を保ちやすいですが、力をゆるめるとたちまちドロッとして流体になってしまいます。この奇妙な性質は、ダイラタンシーと呼ばれているものです。 「動 画」妖怪ダンス? …

続きを読む


メダル色(金銀銅)をつくる

メッキと加熱でオリンピックメダルカラー(金銀銅)のように3種類の金属を並べてみようというもの。 いったん溶け出した亜鉛が銅板上で半電池反応により還元されてメッキ層をつくります。さらに、亜鉛メッキされた状態の銅板をそのまま …

続きを読む


なかなか混ざりにくい水溶液

濃度や温度の違う溶液は、なかなか混ざり­にくいという現象を扱った簡単な演示実験です。 「動 画」少し振り混ぜてもなかなか混ざらない。境界線があるように見える。 「動 画」濃度の異なる2種の水溶液を用いたカラーマジック:学 …

続きを読む


DNAのアクセサリーをつくる

ビーズを用いてDNAの構造を模したアクセサリー(ストラップ)を作ります。 「動 画」完成品の紹介 丸ビーズ2種はリン酸と糖、カラーの竹ビーズ4種は、それぞれ塩基であるアデニン(A)・チミン(T)・グアニン(G)・シトシン …

続きを読む


水素の燃焼

水素をタンクから直接噴射して、シャボンにして点火。酸素が十分に供給されていない状況下では、ボワット燃える感じです。 「動 画」水素を燃焼させてみる もう少し器用なら、シャボンを浮かせたところで点火という手もあります。なお …

続きを読む


簡単なモータを作る

エナメル線・クリップ・磁石・乾電池を用いて作る、最もシンプルなタイプのコイルモータ―。エナメル線中に電流が流れると磁界が生じ、磁石がつくる固定されている磁界との反発で電磁力が生まれるというもの。エナメル線の片方の先端を半 …

続きを読む